とりあえずざっくり歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■1893年
 アメリカのエジソンが自動映像販売機(映写機)キネトスコープを一般公開
■1895年
 フランスのリュミエール兄弟がシネマトグラフ・リュミエールで一般公開
 『工場の出口』/ 『ラ・シオタ駅への列車の到着』
■1907年
 リュミエール兄弟、実用カラー写真「オートクローム」を発売
■1899年
 日本(活動写真):『浅草仲見世』/『芸妓手踊』など実写11本、『稲妻強盗/清水定吉』
■1902年
 フランス『月世界旅行』世界で初めて物語構成を持ち、複数のシーンで構成された映画(初のSF映画)
            秒間16フレーム、14分でシーンの切り替わりのある当時としては実に画期的なもの
 監督:ジョルジュ・メリエス(元マジシャン)
■1903年
 アメリカ『大列車強盗』物語性のある作品。初めてクロスカッティングが用いられた(初の西部劇)
 監督:エドウィン・ポーター
■1906年
 『愉快な百面相』実写ではなく絵画表現を用いた作品(世界初のアニメ映画)
 監督:ジェームズ・スチュアート・ブラックトン
■1908年
 アメリカ モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー(Motion Picture Patents Company)設立
 大手9社が互いの特許を持ち寄り、管理する会社
■1915年
 アメリカ『國民の創生』
 監督:D・W・グリフィス
■1916年
 アメリカ『イントレランス』
 監督:D・W・グリフィス
■1919年
 アメリカ『散り行く花』
 監督:D・W・グリフィス

※監督:D・W・グリフィス→クローズアップ等の様々な映画技法(映画文法とも呼ばれる)を発明
「映画の父」と呼ばれるようになる
※1910年代-1920年代、アメリカやヨーロッパでは『ファントマ』シリーズや『吸血ギャング団』シリーズ(いずれもフランス)
 などの連続活劇が流行している。

1920年
 ソ連 世界初国立映画学校が創設。
 監督:クレショフ クレショフ映画実験工房(一般的にはクレショフ工房と略称で呼ばれる)
 →モンタージュ理論を打ち立てる
■1921年
 ドイツ『絶対映画』幾何学模様の変容を映したアニメーション(ダダイズムの一表現)
 監督:ハンス・リヒター
■1927年
 フランス『純粋映画』幾何学模様の変容(デュシャン作品は円盤の回転)
 監督:マルセル・デュシャン
     『幕間』実写による筋書き(ただし一貫性のある物語ではない)を持つ映画
 デュシャン本人をはじめエリック・サティなどが出演
 監督:ダダイズムのグループ
■1925年
 ソ連『戦艦ポチョムキン』モンタージュ理論に基づき
 監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン(クレショフ工房の生徒)

※監督:フセボロド・プドフキン/ボリス・バルネット/ジガ・ヴェルトフ
 モンタージュ理論を元にした作品を製作。ロシア・アヴァンギャルドにおける代表的映画監督。

■1927年
 アメリカ『ジャズ・シンガー』(界初のトーキー)
 監督:アラン・クロスランド
 制作:ワーナー・ブラザーズ

※アメリカのチャールズ・チャップリン、ロシアのエイゼンシュタイン

■1929年
 アメリカ アカデミー賞が始まる
 アメリカ『つばさ』初年度作品賞 (航空映画の元祖)
 監督:ウィリアム・A・ウェルマン
 アメリカ『サンライズ』芸術作品賞
 監督:F・W・ムルナウ

※1920年代から1930年代
 フランス「詩的リアリズム」ジャック・フェデー、ルネ・クレール、ジュリアン・デュヴィヴィエ、マルセル・カルネら
 ドイツ「ドイツ表現主義」フリッツ・ラングやロベルト・ヴィーネ、ムルナウ等