※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FXの基本編

ここではまず初めに必要な項目を簡潔にまとめました。
これから始められる方がまず知っておくべき事になります。

FXとは?

FXとは、本来はForeign eXchangeの略で外国為替という意味ですが、現在では外貨の差金決済取引のことをFX(エフエックス)と呼んでいます。 このFXが一般に普及し始めたのは2000年代に入ってからで、1998年の外為法の改正によって生まれた比較的新しい資産運用形態~
続きはこちら

税制制度は?

FXは利益が年間38万円以上出ると雑所得として税金が掛かります。
雑所得とは、給与、事業、不動産等のどれにも当てはまらない所得のことを言います~
続きはこちら

レバレッジ?

レバレッジとは自分の資金に対する自分が取引をしている金額の事で、証拠金率のことではありません。 証拠金率が1%だからレバレッジが100倍、証拠金率が10%だからレバレッジが10倍だと考えるのは、勉強の足りない素人の考えです。ですから~
続きはこちら

スワップ金利とは?

スワップ金利とは通貨間の金利差から生じる利息のようなもので、ドル円を例にあげていうと、2008年9月現在で、米国の政策金利が2.00%、日本の政策金利が0.5%なので金利差は1.5%となります。この1.5%を日割りにしたものがスワップ金利という名前でドル円~
続きはこちら

運用コストの削減?

運用成績を単純に上げる方法としてコストを削減します。現在手数料を取っているところは探す方が難しいですが、もしお使いのFX業者で手数料を取られているようなら直ぐに他のFX業者に乗り換えられることをお勧めします。それだけで運用成績は間違いなくアップしますから~
続きはこちら

信託保全の重要性

信託保全とは顧客がFX業者に預けたお金をFX業者の銀行口座とは別に、信託銀行などの口座に預け入れて万が一そのFX業者が倒産した場合でも、預けたお金が保護される仕組みです。信託保全が導入されていないFX業者の場合、預けたお金が返還されない事態が起こり得ます~
続きはこちら

FXでの利益には税金がかかります

会社勤めをされている方は税金の処理はすべて会社がやってくれているので税金に関しては無頓着な方が多いのが事実ですが、FXでの利益にはしっかり税金が掛かります。FXでの収入は雑所得に分類され、年間20万円以上の利益がある場合には、給与所得などと合算して納税~
続きはこちら