※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

損切りの重要さもそうですが、利益を確定させることも大切です。

予想通りの方向に相場が動いたからと言って油断していると、
次の日にはその利益がすっかりなくなってしまったという事は良くありますので、
当初想定していた利幅の8割ぐらいの水準まで来たら、
しっかりと利益確定させましょう。
まだ上昇すると思えば、1度利益確定させてから再度買い直す、
というぐらいの気持ちで良いと思います。

かくいう私も利食いは不得手で、先ほど述べたようなパターンが良くあります。
欲張りは禁物です。
欲が出た時点で相場に対して願望が入りますので、
冷静な判断が出来なくなっている証拠ですよね。

利食いの幅の設定は人それぞれですが、
損切りの幅、額よりも大きめに設定します。
言い換えると、利食いの幅よりも小さく損切りの幅を設定することが重要です。
そうすることによって勝ち負けの確率が5割でも相場に勝てる計算になりますからね。

中には利食い幅の3分の1程度に損切りを設定し、
1勝3敗でも相場に負けてないという考えの下でトレードをしている方もいます。
自分のトレードスタイルを確立することがトレードをしていく上では重要です。