※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

政策金利とは各国中央銀行がだいたい月1回のペースで開かれる中央銀行政策決定会合で決められるその国の金利のことです。一般的にはインフレ傾向にあれば金利は引き上げられ、デフレ傾向にある時に金利は引き下げられるます。

世界の為替市場で最も注目されるのは基軸通貨であるドルなので、やはり米国の政策金利動向が一番注目されます。アメリカの政策金利決定会合のことをFOMC(連邦公開市場委員会)と呼ばれ、日本時間深夜に発表されますが、いつも発表前後は大きな動きとなることが多いです。

また政策金利の上げ下げもそうですが、政策金利決定会合後に発表される声明文や数週間後に開示される議事録なども今後の金利動向を探る上で注目され、今回は据え置きだが、次回利上げするだろうと先取りしてマーケットは動いたりします。そのため、利上げが行われた後でも先取りしてマーケットが動いていますから、利上げされて良かったと利益確定の動きが出て、相場は下落してしまうことも良くあります。外為どっとコム はホームページで各国政策金利を掲載しています。政策金利決定会合のスケジュールとあわせてチェックするようにしておきましょう。

各国政策金利は中央銀行の略で表記されます。ユーロ圏はECB政策金利、イギリスはBOE政策金利、オーストラリアはRBA政策金利、NZランドはRBN政策金利、カナダはBOC政策金利、スイスはSBN政策金利などなど、高金利通貨で人気の南アフリカはSARB政策金利と呼ばれます。日本は日銀政策金利で、現在は0.1%です。