※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

G7とははアメリカ、日本、イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、イタリアを指し、各国の財務大臣と中央銀行総裁が出席し、世界の経済・金融問題が話し合われる国際会議です。国際的な金融問題が話し合われるため、為替市場では注目され、また大きく為替が動くことがあります。またG7前後には円高に動くことが多いようです。

今年の4月に行われワシントンG7では8年ぶりに為替変動に対する懸念が表明されましたが、その効果はあったのかなかったのか…昨年はヘッジファンドに対する内容が多く、円キャリートレードにより押し上げられていたクロス円の今年に入ってからの下落はその影響なのか…?声明文の内容がどのように受け止められ、相場にどのように影響するかはふたを開けてみないと分からない事も多いので、G7開催前には保有ポジションは決済しておいた方が無難だと思います。

添付ファイル