※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三角保ち合い(トライアングル)は、上値抵抗線と下値抵抗線に
挟まれながら、徐々に値幅が縮まっていくチャートパターンです。
この状態から抜け出すと、トレンドが続いていくケースが多く、
抜け出した時がエントリーのタイミングとなります。


三角保ち合いは、保ち合いの期間が長く値幅が縮まっていくほど、
信頼度の高いサインになると言われています。

こういうチャートの形を確認して売買する場合は、
セントラル短資の「クイックチャート・トレード」のように、
チャートと同一画面で注文が出せる
取引システムを利用すると便利ですよ。
添付ファイル