※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MACD(Moving Average Convergence Divergence)は、
トレンド系のテクニカル指標として有名です。
日本語では移動平均収束拡散法と呼びます。

MACDとシグナルの2本のラインから成り立っており、
MACDは短期と長期の2本の指数移動平均線の差で、
シグナルはMACDの移動平均線になります。
短期12日、長期26日、シグナル9日という組み合わせが一般的です。


売買には2つのラインのクロスを用います。
MACDがシグナルを上抜けたらゴールデンクロスで買い、
MACDがシグナルを下抜けたらデッドクロスで売りです。

また、2本のラインがゼロラインより上にあると上昇トレンド、
2本のラインがゼロラインより下だと下降トレンドというように、
トレンドの状態を把握するために用いられることもあります。
添付ファイル