※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピボットはワイルダーによって考え出されたテクニカル指標です。
前日の価格を用いて当日のサポートライン、レジスタンスラインを
推測する分析方法です。

ピボットの計算方法は単純で、計算式は以下のとおりです。

ピボット=(前日高値+前日安値+前日終値)÷3

そして、ピボットを用いてサポートライン(S1、S2)と
レジスタンスライン(R1、R2)を導き出します。

S1=ピボット × 2 − 前日高値
R1=ピボット × 2 − 前日安値
S2=ピボット − (R1 − S1)
R2=ピボット − (S1 − R1)

ピボットの使い方は、「S1からS2で買い、R1からR2で売る」という
逆張りの手法が一般的です。

また、S2を下回ると下落トレンド発生で売り、
R1を上回ると上昇トレンド発生で買いという
順張りの手法で用いることもあります。