※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4月からギリシャ支援に関するニュースが多く報道さえ、
それに絡んだユーロ圏一部の国のソブリンリスクが
意識される相場になっています。
一方で、中国の金融引き締め政策や人民元切り上げなど
中国に絡んだニュースも時々相場に出てきます。

しかも、これらのニュースで大きく相場が動いているので、
現状は情報をしっかりと収集することが大切ですね。

情報を素早く仕入れて利益を狙うこともそうですが、
何よりリスク管理の面で情報収集は必須だと思います。
FX業者の情報サービスを上手に活用するようにしましょう!

≪おすすめのFX業者の情報ツール≫


セントラル短資の『FXライブ』と言えば、
初心者でも使いやすい無料売買シグナルが人気です。

複数のテクニカル分析による売買サインが一覧で表示、
またテクニカル分析、通貨ペア、時間軸を
組み合わせた全部で336種類の売買シグナルの中から、
1番勝率の良い、取引損益の良い売買シグナルが
ランキング形式で簡単に抽出することができます。

セントラル短資の『FXライブ』は売買シグナルだけではありません。
100年の歴史ある短資グループのFX業者なので、
レポートや経済指標データも充実しています。
中でも、中国の経済指標予定を見ることができる
経済指標予定はおすすめです。

FXプライムも情報が充実していますね。
さすが商社系、情報には何よりも気を配っている印象を受けます。

最近では、チャートパターンを予測するタイプの
テクニカル分析ツール『ぱっと見テクニカル』が人気です。
12年分の過去チャートの中から現在のチャートと似ているパターンを抽出、
将来の値動きを予測する「形状分析」は試す価値あり!
プロの世界でも活用されているチャート分析方法が簡単に表示できます。

また、マーケットニュースやレポートも充実しています。

マーケットニュースは「MarketWin24」「FX WAVE」
「マーケット24」を閲覧することができますし、
レポートは「プライム・ストラテジー」「井戸端為替会議」など
短期から長期まで様々な見通し、戦略がそろっています。

その中でも、お勧めしたいレポートは「インフォーマ為替情報」
もしかすると、マーケットニュースに分類されているので、
見ていない方が多いかもしれません。
配信本数が他のマーケットニュースに比べると少なく、
米市場の時間帯に配信されないので。

でもこの「インフォーマ為替情報」は他のマーケットニュースのように
タイトルだけのような簡単なニュースを配信しているのではなく、
内容もしっかりと書かれています。

顧客向けではなく、自分たちが見るために契約している
金融機関が少なくないそうです。
かといって、難しい言葉で書かれているわけではなく、
他のアナリストレポートに比べるとスッキリと書かれているので、
初心者にもわかりやすく、参考になると思いますよ。