75歌素材


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<!-- MS UI Gothic 50% -->
<table border="1" bordercolor=",777777" style="line-height:0.7; font-weight:bold;">
<TR vAlign=top>



<td>
<table style="line-height:0.7;">

<tr><th colspan=2><b>■■■■ で ■■■■</b>
<tr><td>オールナイトで<td>朝帰り
<tr><td><small>今日も笑顔で<td>こんにちは
<tr><td>新幹線で<td><small>ゴー!ゴ・ゴー!
<tr><td><small>全裸で書いた<td>ラブレター
<tr><td>ひとりぼっちで<td>想うこと
<tr><td>一人ぼっちで<td>二人きり
<tr><td>星と俺とで<td>きめたんだ

<tr><td>砂漠のような<td>東京で
<tr><td>ソウルの愛を<td>東京で
<tr><td>たった二年と<td>二ヶ月で
<tr><th colspan=2>【の━で】
<tr><td><small>あなたのせいで<td>狂いそう
<tr><td>嵐の中で<td>輝いて
<tr><td>メトロポリスの<td>片隅で|
<tr><td>夢のハワイで<td>盆踊り
<tr><td>蘭の花咲く<td>満州で

<tr><th colspan=2>【は━で】
<tr><td>酒は手酌で<td>ほろ酔いで
<tr><td>それはキッスで<td>始まった
<tr><td>BGMは<td>ため息で
<tr><td>私は一人<td>片隅で
<tr><th colspan=2>【を━の━で】
<tr><td>夢を誓った<td>木の下で

<tr><th colspan=2><b>■■■■ に ■■■■</b>
<tr><td>嗚呼玉杯に<td>花うけて
<tr><td>あゝ人生に<td>涙あり
<tr><td>あゝ青春に<td>花よ咲け
<tr><td><small>ギンギラギンに<td>さりげなく
<tr><td>水平線に<td>グレナディン|
<tr><td>戦闘帽に<td>花さして
<tr><td>夏に恋する<td><small>AWATENBO
<tr><td>夏に恋する<td>女たち
<tr><td>夏に開いた<td>恋なのに~
<tr><td><small>眠れない日に<td>見る時計
<tr><td>眠れる森に<td>つたわる詩
<tr><td>花咲く丘に<td>涙して

<tr><td>朝日のように<td>さわやかに
<tr><td>男が死んで<td>行く時に
<tr><td>クライマックス<td>御一緒に
<tr><td>これが恋だと<td>分からずに
<tr><td>こんな私じゃ<td>なかったに
<tr><td>ダイヤモンドは<td>永遠に
<tr><td>泣いた数だけ<td>倖せに
<tr><td>早くあいたい<td>あの人に

<tr><th colspan=2>【い━に】
<tr><td>青い夜霧に<td>濡れながら
<tr><td>白いヨットに<td>赤いシャツ
<tr><td>ブルー・レディに<td>赤いバラ
<tr><td>ムーン・ビームに<td>赤いバラ

<tr><th colspan=2>【が━に】
<tr><td><small>あなたがそばに<td>いるだけで
<tr><td>サンタが街に<td>やってくる
<tr><td>聖者が街に<td>やって来る
<tr><td>天使が森に<td>落ちてきた
<tr><td>ぼくらが旅に<td>出る理由
<tr><td>ママがサンタに<td>キッスした
<tr><td><small>みんなだれかが<td>すきになる

<tr><th colspan=2>【と━に】
<tr><td>あなたと共に<td>生きてゆく
<tr><td>僕と彼女と<td>週末に

<tr><th colspan=2>【の━に】
<tr><td><small>あなたの肩に<td>頬うめて
<tr><td>あの娘の胸に<td>途中下車
<tr><td>あの日の嘘の<td>つぐないに
<tr><td>いとしいひとの<td>眠る間に
<tr><td>音の世界に<td>魅せられて
<tr><td>がんこ親父の<td>目に涙
<tr><td>北の都に<td>秋たけて
<tr><td>君のハートに<td>解き放つ!
<tr><td>君の瞳に<td>恋してる
<tr><td>霧雨の朝<td>突然に…
<tr><td>恋のスリルに<td>比べれば~
<tr><td colspan=2>さよならだけの人生に
<tr><td>十一月の<td>たそがれに
<tr><td>十七才の<td>この胸に
<tr><td>せめて別れの<td>思い出に
<tr><td>たったひとりの<td>君だけに
<tr><td>瞳の中に<td>レインボウ,
<tr><td>街の女に<td>恋してた,
<tr><td>真昼の月の<td>静けさに
<tr><td>緑の町に<td><small>舞い降りて|
<tr><td>奴の彼女に<td>首ったけ~

<tr><th colspan=2>【は━に】
<tr><td>俺はお前に<td>弱いんだ
<tr><td>女は恋に<td>生きてゆく
<tr><td>僕はあなたに<td>首ったけ
<tr><td>船は港に<td>いつ帰る^

<tr><th colspan=2>【の━が━に】
<tr><td>希望の鐘が<td>鳴る朝に

<tr><th colspan=2>【の━よ━に】
<tr><td>宇宙の星よ<td>永遠に

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><th colspan=2>【の━を━に】
<tr><td colspan=2>ほんとのキスをお返しに

<tr><th colspan=2>【を━に】
<tr><td>あなたを胸に<td>生きてゆく
<tr><td>南国土佐を<td>後にして
<tr><td colspan=2>ブルー・シャトウを君だけに

<tr><th colspan=2>【に━に】
<tr><td>のぼる朝日に<td>照る月に

<tr><th colspan=2><b>■■■■ ね ■■■■</b>
<tr><td>きっと帰って<td>くるからね~
<tr><td>ご機嫌さんよ<td>達者かね_
<tr><td>1000%<td>SOざくね?
<tr><td>誰も泣きたい<td>時代だね
<tr><td>日本人だね<td>演歌だね
<tr><td>100%…<td>SOかもね!

<tr><th colspan=2><b>■■■■ の ■■■■</b>
<tr><td><small>あの娘のビッグ・<td>ウェンズデー
<tr><td>あや子のお国<td>自慢だよ
<tr><td>おれの人生<td>始発駅
<tr><td>恋人たちの<td>カレンダー
<tr><td>白雪姫の<td>毒リンゴ
<tr><td>トップ・ライトの<td>のんき節
<tr><td><small>ぼくのすてきな<td>ママとパパ
<tr><td>モーツァルトの<td>メヌエット
<tr><td>私の好きな<td><small>組み合わせ
<tr><td>━━━
<tr><td>アンドロメダの<td>異星人
<tr><td>うちら祇園の<td>舞妓はん
<tr><td>わてら祇園の<td>舞妓はん
<tr><td>学生街の<td>喫茶店
<tr><td>カリフォルニアの<td>青い空
<tr><td>カリフォルニアの<td>青いバカ
<tr><td>キャベツ畑の<td>子供たち
<tr><td>ケンタッキーの<td>青い月
<tr><td>潜水艦の<td>台所
<tr><td>小さな道の<td>強い花
<tr><td>名もなき森の<td>夢語り
<tr><td>眠れる海の<td>男たち
<tr><td>眠れる星の<td>蒼い砂
<tr><td>眠れる森の<td>王子様
<tr><td>箱根八里の<td>半次郎
<tr><td>兵学校の<td>三勇士
<tr><td><small>見知らぬ国の<td>トリッパー
<tr><td>森のファミリー<td>レストラン
<tr><td>夕陽ヶ丘の<td>サンセット
<tr><td>愉快な町の<td>風船屋
<tr><td>床には君の<td>カーディガン
<tr><td>━━━
<tr><td>甘いグレイの<td>陽暮れどき
<tr><td>一円玉の<td>旅がらす
<tr><td>1万回の<td>ありがとう
<tr><td>いつか僕らの<td>エピローグ
<tr><td>オレンジ色の<td>木曜日
<tr><td>女ばかりの<td>日曜日
<tr><td>女ひとりの<td>日本海
<tr><td>君こそ次の<td>荒鷲だ
<tr><td>夾竹桃の<td>咲く岬
<tr><td>恋することの<td>もどかしさ,
<tr><td>恋のF-1<td>グランプリ
<tr><td>午前3時の<td>ファズギター
<tr><td>午前3時の<td>ヘッドフォン
<tr><td>午前0時の<td>向こう側
<tr><td><small>さよならのない<td>カーニバル
<tr><td>十月のある<td>木曜日
<tr><td>十一月の<td>赤とんぼ
<tr><td>十一月の<td>天の川
<tr><td>十一月の<td>母子草
<tr><td>13日の<td>金曜日
<tr><td>十七才の<td>証明書
<tr><td>人生夢の<td>途中駅
<tr><td>ステキな恋の<td>忘れ方
<tr><td>セシリア・Bの<td>片想い
<tr><td>たった一度の<td>HONESTY
<tr><td>たったひとつの<td>遠い道
<tr><td>たった独りの<td>アンコール
<tr><td>タラハッシーの<td>お嬢さん
<tr><td>時計じかけの<td>アンブレラ
<tr><td><small>ドタバタギャグの<td>日曜日
<tr><td><small>泣きたいほどの<td>淋しさだ
<tr><td>なみだ涙の<td>カフェテラス
<tr><td>涙の娘<td>浪曲師
<tr><td>二時から四時の<td>昼下り
<tr><td>22才の<td>夏休み
<tr><td>ハートじかけの<td>プレゼント
<tr><td>花の女子高<td>数え歌
<tr><td>一人ぼっちの<td>ドリーマー
<tr><td>独りぼっちの<td>仲間達
<tr><td>ひとりぼっちの<td>バースディ
<tr><td>ひとりぼっちの<td>羊飼い
<tr><td>一人ぼっちの<td>lovin' you
<tr><td><small>ボギーボビーの<td>赤いバラ`
<tr><td>星降る夜の<td>シンフォニー
<tr><td>星降る夜の<td>モノローグ
<tr><td>夕暮れ時の<td>帰り道
<tr><td>モンマルトルの<td>石畳
<tr><td>雪の越前<td>わかれ宿
<tr><td>レモンライムの<td>青い風

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><th colspan=2>【の━の】
<tr><td>あゝ青春の<td>胸の血は
<tr><td><small>あの日の嘘の<td>つぐないに
<tr><td>大きな栗の<td>木の下で
<tr><td>おとぎの国の<td>Birthday
<tr><td>鏡の中の<td>アクトレス
<tr><td>鏡の中の<td>エトランゼ
<tr><td>季節はずれの<td>僕の凧
<tr><td>北の女の<td>演歌節
<tr><td>心の中の<td>宝箱
<tr><td>櫻の花の<td>散るごとく
<tr><td>さすらい人の<td>夜の歌
<tr><td>さすらい人の<td>夜の唄
<tr><td>昭和最後の<td>秋のこと
<tr><td>題名のない<td>愛の唄
<tr><td>たったひとつの<td>愛のうた
<tr><td>たった一つの<td>愛の星
<tr><td>となりの町の<td>お嬢さん
<tr><td>夏の終わりの<td>長い雨
<tr><td>夏の終りの<td>ハーモニー
<tr><td>涙の中の<td>悲しみよ
<tr><td>花屋の上の<td>カフェテラス
<tr><td>春爛漫の<td>花の色
<tr><td><small>避暑地の森の<td>天使たち
<tr><td>瞳の中の<td>Galaxy
<tr><td>瞳の中の<td>ファーラウェイ
<tr><td>ひとりぽっちの<td>雨の中
<tr><td>南の街の<td>少年へ
<tr><td>山吹色の<td>木の下で
<tr><td>夜の薫りの<td>エトランゼ
<tr><td>リンゴの森の<td>子猫たち
<tr><td>私の中の<td>「いい女」
<tr><td>私の中の<td><small>ヴァージニア

<tr><th colspan=2>【い━の】
<tr><td>青い月夜の<td>散歩道
<tr><td>青い涙の<td>味がする
<tr><td>青い夜霧の<td>港町
<tr><td>赤いパンツの<td>女の子
<tr><td>赤い夕陽の<td>三度笠
<tr><td>赤いランプの<td>貨物船^
<tr><td>赤いランプの<td>終列車
<tr><td>白いランプの<td>灯る道
<tr><td>くどい太めの<td>納豆売り

<tr><th colspan=2>【が━の】
<tr><td>これが男の<td>生きる道
<tr><td>これが私の<td>生きる道
<tr><td>それが女の<td>道なのよ

<tr><th colspan=2>【と━の】
<tr><td>愛と誠の<td>ファンタジア
<tr><td>風と光の<td>スニーカー
<tr><td>鷺と烏の<td>ラブゲーム
<tr><td>炎と森の<td>カーニバル

<tr><th colspan=2>【は━の】
<tr><td>愛は心の<td>仕事です
<tr><td>あれは十五の<td>夏祭り
<tr><td>アンコ椿は<td>恋の花
<tr><td>俺は東京の<td>枯すすき^
<tr><td>オレらは肉の<td>歩く朝
<tr><td>恋は女の<td>命です
<tr><td>恋は神代の<td>昔から
<tr><td>スカイツリーは<td>雲の上
<tr><td>眠れないのは<td>誰のせい
<tr><td>眠れぬ夜は<td>君のせい
<tr><td>野菊は哀し<td>僕の花
<tr><td>花はあなたの<td>肩に咲く
<tr><td>僕は特急の<td>機関士で
<tr><td>僕は流しの<td>運転手
<tr><td>星降る夜は<td>誰のため
<tr><td>目は人間の<td>マナコなり
<tr><td>私は愛の<td>占い師
<tr><td>わたしは街の<td>バレリーナ

<tr><th colspan=2>【の━は━の】
<tr><td>ハートの色は<td>海の色
<tr><td>夜の博多は<td>恋の町

<tr><th colspan=2><b>■■■■ へ ■■■■</b>
<tr><td>街から街へ<td>つむじ風

<tr><td>愛の国から<td>幸福へ
<tr><td><small>お世話になった<td>あの人へ
<tr><td>きっと帰るさ<td>函館へ
<tr><td>リンゴ花咲く<td>故郷へ_

<tr><th colspan=2><b>■■■■ も ■■■■</b>
<tr><td><small>あしたも生きる<td>あさっても
<tr><td>気球に乗って<td>どこまでも

<tr><th colspan=2>【の━も】
<tr><td>俺の心も<td>ぬれた夜
<tr><td>花の心も<td><small>知らないで

<tr><th colspan=2>【は━も】
<tr><td><small>地下鉄は今日も<td>終電車

<tr><th colspan=2>【と━も】
<tr><td><small>好き好き好きと<td>何回も

<tr><th colspan=2><b>■■■■ は ■■■■</b>
<tr><td>あなた以外は<td>みんなバカ
<tr><td>あの時君は<td>若かった
<tr><td>あの日の船は<td>もう来ない
<tr><td><small>言いたいことは<td>なくなった
<tr><td>いつも女は<td>ひとり旅

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><td>失うものは<td>何もない
<tr><td>お玉杓子は<td>蛙の子
<tr><td>Olympicは<td>火の車
<tr><td>おれはX<td>カイゾーグ
<tr><td>おれはグレート<td>マジンガー
<tr><td>俺は絶対<td>テクニシャン
<tr><td>俺はぜったい!<td>プレスリー
<tr><td>俺はみちのく<td>色男
<tr><td>学徒は今ぞ<td>空へ征く
<tr><td>悲しいことは<td>いつもある`
<tr><td>黄色いバラは<td>知っている
<tr><td>君は薔薇より<td>美しい
<tr><td>君はマドロス<td>海つばめ
<tr><td>恋は何んでも<td>知っている
<tr><td>酒は涙か<td>溜息か
<tr><td>終着駅は<td>始発駅
<tr><td>十七才は<td>一度だけ
<tr><td>そして僕らは<td>奏で合う
<tr><td>だから女は<td>泣くのです
<tr><td colspan=2>だからわたしは北国へ
<tr><td>父よあなたは<td>強かった
<tr><td>動物園は<td>大変だ
<tr><td>眠れないのは<td>誰のせい
<tr><td>野菊は哀し<td>僕の花
<tr><td colspan=2><small>馬鹿は死ななきゃなおらねぇ
<tr><td>花は黙って<td>咲いている
<tr><td><small>陽はまたのぼり<td>くりかえす
<tr><td><small>ビリージョエルは<td><small>似合わない
<tr><td>プライベートは<td>デンジャラス
<tr><td colspan=2>ぼくはアマチュア・カメラマン
<tr><td>ボクハ更新<td>サレマシタ
<tr><td>僕はこの瞳で<td>嘘をつく
<tr><td>僕等はみんな<td>恋人さ
<tr><td>星はなんでも<td>知っている
<tr><td>道は六百<td>八十里
<tr><td>夕暮れ時は<td>さびしそう
<tr><td>雪は空から<td>降ってくる
<tr><td>夢はマジョリカ・<td>セニョリータ
<tr><td>力道山は<td>生きている
<tr><td>我は影なり<td>忍び者

<tr><td>あゝ青春の<td>胸の血は
<tr><td>愛の鞭です<td>はり扇は
<tr><td>美しかった<td>あの人は
<tr><td>おきざりにした<td>悲しみは
<tr><td>かつお節だよ<td>人生は
<tr><td><small>こんなきれいな<td>月の夜は
<tr><td>三度笠だよ<td>人生は
<tr><td>遠い空だよ<td>故郷は
<tr><td>浪花節だよ<td>人生は
<tr><td><small>欲しがりません<td>勝つまでは

<tr><th colspan=2>【の━は】
<tr><td>ああ紅の<td>血は燃ゆる
<tr><td>俺の出番は<td>きっとくる
<tr><td>圭子の夢は<td>夜ひらく
<tr><td>こころの母は<td>北斗星
<tr><td>新撰組の<td>旗は行く
<tr><td>時のたつのは<td>早いもの~
<tr><td>土曜の夜は<td>パラダイス
<tr><td>ハチのムサシは<td>死んだのさ
<tr><td>花のいのちは<td>短くて
<tr><td>女の生命は<td>短くて
<tr><td>二人の朝は<td>きっと来る_
<tr><td>二人の星は<td>ただ一つ^
<tr><td>ぼくの心は<td>葡萄色
<tr><td>りんごの花は<td>咲いたけど
<tr><td>わしらの夢は<td>夜ひらく
<tr><td>私の彼は<td>パイロット
<tr><td>わたしの彼は<td>左きき
<tr><td>わたしの恋は<td>ホッチキス

<tr><th colspan=2>【が━は】
<tr><td>こんなに空が<td>青くては
<tr><td>惚れた女が<td>死んだ夜は

<tr><th colspan=2>【と━は】
<tr><td>酒と女は<td>二合まで

<tr><th colspan=2>【の━の━は】
<tr><td>あゝ青春の<td>胸の血は

<tr><th colspan=2>【の━に━は】
<tr><td>旅の終わりに<td>聞く歌は

<tr><th colspan=2>【に━は】
<tr><td>鬚に未練は<td>ないけれど

<tr><th colspan=2><b>■■■■ と ■■■■</b>
<tr><td>いとしいとしと<td>いうこころ
<tr><td>君と歌った<td>アベマリア
<tr><td colspan=2>ジャスミン・ティーとゴロワーズ
<tr><td>セーラー服と<td>機関銃
<tr><td>ちろりん村と<td>くるみの木
<tr><td>番頭はんと<td>丁稚どん
<tr><td>マンチェスターと<td>リヴァプール

<tr><th colspan=2>【と━と】
<tr><td>愛と勇気と<td>チェリーパイ
<tr><td>アメ車と夜と<td>本牧と
<tr><td>雨と涙と<td>あのひとと
<tr><td>雨と港と<td>石畳
<tr><td>おさげと花と<td>地蔵さんと_
<tr><td>女と海と<td>太陽と

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><td>彼と私と、<td>もう1人`
<tr><td>キミと夜空と<td>坂道と
<tr><td>恋とワインと<td>ミステリー
<tr><td>恋の苦さと<td>ため息と|
<tr><td>星と俺とで<td>きめたんだ
<tr><td>あなたと夜と<td>音楽を
<tr><td>風と光と<td>僕達は

<tr><th colspan=2>【が━と】
<tr><td>これが自由と<td>いうものか

<tr><th colspan=2>【の━と】
<tr><td>ときめき色の<td>風とキミ

<tr><th colspan=2><b>■■■■ よ ■■■■</b>
<tr><td>大人になんか<td>ならないよ
<tr><td>女にゃ年は<td>いらないよ
<tr><td>かなりいゝ線<td>いってるよ
<tr><td>くやしいけれど<td>幸せよ
<tr><td>走っておいで<td>恋人よ
<tr><td>飛騨の高山<td>ふる里ヨ
<tr><td>郵便船が<td>来たとヨー
<tr><td colspan=2>わたしこのごろ変なのよ
<tr><td>私此頃<td>憂鬱よ

<tr><th colspan=2><b>■■■■ が ■■■■</b>
<tr><td>お前にゃ俺が<td>ついている
<tr><td><small>俺がやらなきゃ<td>誰がやる
<tr><td>俺の家には<td>朝がない
<tr><td>風が吹いたら<td>恋もうけ
<tr><td>ガラガラヘビが<td>やってくる
<tr><td>君が嫌いな<td>君が好き
<tr><td>君たちがいて<td>僕がいた
<tr><td>原始少年<td>リュウが行く

<tr><td>冷たい雨が<td>降っている
<tr><td>一人ぼっちが<td>好きなんだ
<tr><td>ぼうがいっぽん<td>あったとさ
<tr><td>祭りばやしが<td>終わるまで
<tr><td>やがて世界が<td>歌いだす
<tr><td>野球選手が<td>夢だった
<tr><td>郵便船が<td>来たとヨー
<tr><td>ライオン丸が<td>やってくる
<tr><td>ランチタイムが<td>終わる頃|
<tr><th colspan=2>【の━が】
<tr><td>ああ俺たちの<td>鐘が鳴る
<tr><td><small>あなたのことが<td>好きでした
<tr><td>男泣かせの<td>霧が降る
<tr><td>午前0時の<td>ベルが鳴る
<tr><td>ひとつの恋が<td>終るとき|
<tr><td>僕のそばには<td>君がいる
<tr><td>南の島が<td><small>消えちゃった
<tr><td>夕べの星が<td>見ていたよ
<tr><td>リンゴの花が<td>咲いていた

<tr><th colspan=2>【に━が】
<tr><td>一番先に、<td>君が好き
<tr><td>こんな女に<td>誰がした
<tr><td>雑木林に<td>月が出た
<tr><td>空にまた陽が<td>昇るとき
<tr><td>ダイナマイトに<td>火がついた
<tr><td>南国土佐に<td>雪が降る
<tr><td>バケツに穴が<td>あいたなら
<tr><td>窓に明りが<td>ともる時

<tr><th colspan=2>【に━い━が】
<tr><td>港に赤い<td>灯がともる^

<tr><th colspan=2>【の━に━が】
<tr><td>俺の心に<td>風が吹く
<tr><td>地球の上に<td>朝が来る
<tr><td>虹のむこうに<td>鐘が鳴る
<tr><td>南の島に<td>雪が降る^

<tr><th colspan=2>【の━は━が】
<tr><td>俺の涙は<td>俺がふく

<tr><th colspan=2>【は━の━が】
<tr><td>春は桜の<td>夢が咲く

<tr><th colspan=2>【と━が】
<tr><td>ポカンポカンと<td>雨が降る,

<tr><th colspan=2><b>■■■■ を ■■■■</b>
<tr><td>慰問袋を<td>有難う
<tr><td>この高鳴りを<td>なんと呼ぶ
<tr><td>できっこないを<td>やらなくちゃ
<tr><td>流れる雲を<td>追いかけて,
<tr><td>春をいちばん<td>まっている
<tr><td>星降る夜を<td>とびこえて
<tr><td>ポップコーンを<td>ほおばって
<tr><td>夢を忘れた<td>Dreamer|
<tr><td>ロックを踊る<td>宇宙人

<tr><td>心を込めて<td>花束を,
<tr><td>ブーツをぬいで<td>朝食を

<tr><th colspan=2>【に━を】
<tr><td><small>あのさよならに<td>さよならを`
<tr><td>傷つく前に<td>さよならを
<tr><td>何も言わずに<td>さよならを

<tr><td>いつでも夢に<td>花束を
<tr><td>いつも心に<td>花束を
<tr><td>いつも心に<td>青空を
<tr><td>いつも心に<td>太陽を
<tr><td>午前3時に<td>夕焼けを
<tr><td>吐息まじりに<td>恋をして
<tr><td>涙のあとに<td>微笑みを

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><td>名もない花に<td>乾杯を
<tr><td>胸に飾ろう<td>幸せを

<tr><th colspan=2>【に━の━を】
<tr><td>雨にキッスの<td>花束を

<tr><th colspan=2>【の━に━を】
<tr><td>心の窓に<td>ともし灯を
<tr><td>時の流れに<td>身をまかせ

<tr><th colspan=2>【が━を】
<tr><td>ガラスの靴が<td>合う姫を
<tr><td>世界が君を<td>味方する
<tr><td>誰かが君を<td>想ってる
<tr><td>何があなたを<td>そうさせた
<tr><td>霧笛が俺を<td>呼んでいる

<tr><th colspan=2>【は━を】
<tr><td>男はひとり<td>道をゆく
<tr><td>そして二人は<td>恋をした
<tr><td>妻は夫を<td>いたわりつ

<tr><th colspan=2>【を━を】
<tr><td>地平を駈ける<td>獅子を見た

<tr><th colspan=2>【に━と━を】
<tr><td>君に涙と<td>ほほえみを

<tr><th colspan=2>【が━を━が】
<tr><td>誰かが君を<td>呼ぶ声が

<tr><th colspan=2>【で━を】
<tr><td>アンドロメダで<td>クチヅケを
<tr><td>喧嘩のあとで<td>くちづけを
<tr><td>死体置場で<td>ロマンスを,
<tr><td>浜でギターを<td>弾いてたら
<tr><td>ペニーレインで<td>バーボンを

<tr><th colspan=2>【の━を】
<tr><td>静かな日々の<td>階段を
<tr><td>千の病を<td>持つ男
<tr><td>花のいのちを<td>たれか知る

<tr><th colspan=2>【の━の━を】
<tr><td>こころの花の<td>咲く道を
<tr><td>ほんの少しの<td>優しさを

<tr><th colspan=2>▼▲▼ あ ▼▲▼
<tr><td>あゝ上野駅<td>ありがとう
<tr><td>あゝ上野駅<td>いつまでも
<tr><td>あゝ上野駅<td>もう一度
<tr><td>ああ俺たちの<td>鐘が鳴る
<tr><td>嗚呼玉杯に<td>花うけて
<tr><td>あゝ草枕<td>幾度ぞ
<tr><td>ああ紅の<td>血は燃ゆる
<tr><td>あゝ人生に<td>涙あり
<tr><td>あゝ青春に<td>花よ咲け
<tr><td>あゝ青春の<td>胸の血は
<tr><td>ああ青春よ<td>いつまでも
<tr><td>あゝ戦友よ<td>眠れかし
<tr><td>ああプランタン<td>無理もない
<tr><td>あゝりんどうの<td>花咲けど
<tr><td><small>EARLY IN THE<td><small>MORNING,
<tr><td><small>アーリー・イン・ザ・<td><small>モーニング
<tr><td>愛があるから<td>生きている
<tr><td>愛しあうには<td>早すぎて
<tr><td>愛していると<td>言ったっけ~
<tr><td>愛することを<td>学ぶのに
<tr><td>愛に傷つき<td>愛を知る
<tr><td>逢いたかったぜ<td>50年
<tr><td>会えない長い<td>日曜日
<tr><td colspan=2>逢えるじゃないかまたあした
<tr><td>青葉茂れる<td>桜井の
<tr><td>赤頭巾ちゃん<td>御用心
<tr><td>朝日に匂う<td>櫻花
<tr><td>アっと驚く<td>為五郎
<tr><td>あなた恋して<td><small>いないでしょ`
<tr><td><small>あなたのみなと<td><small>~いい夫婦~
<tr><td>雨の日だって<td>楽しいさ
<tr><td>雨の円山<td>しのび愛
<tr><td>あやまんジェット<td>コースター
<tr><td><small>あれから、そして<td><small>これからも…
<tr><td>あんなに一緒<td>だったのに
<tr><td>アンバランスな<td>Kissをして
<tr><td>イエス・トゥナイト・<td>ジョセフィーヌ
<tr><td>一本刀<td>土俵入り_
<tr><td>WEEKEND<td>MUSEUM
<tr><td><small>うちの女房にゃ<td>髭がある
<tr><td>宇宙猿人<td>ゴリなのだ
<tr><td>宇宙鉄人<td>キョーダイン
<tr><td>うれしはずかし<td>朝帰り
<tr><td >うれしはずかし<td>シェイムオン
<tr><td>江差・追分・<td>風の街
<tr><td>エレクトリック<td><small>おばあちゃん
<tr><td>演歌・血液<td>ガッタガタ
<tr><td><small>おいらに惚れちゃ<td>怪我するぜ!
<tr><td>おいらロボコン<td>世界一
<tr><td>大井追っかけ<td>音次郎
<tr><td>Automatic<td>Pilot
<tr><td>丘の小さな<td>青い屋根
<tr><td>忍路海岸<td>わかれ雪
<tr><td>お蝶次郎長<td>恋姿
<tr><td>おっとどっこい<td>日本晴れ
<tr><td>“男”関東<td>綱五郎
<tr><td>男沓掛<td>時次郎
<tr><td>男人生<td>夢一路
<tr><td>男どアホウ!<td>甲子園

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><td>男 安兵衛・<td>喧嘩花
<tr><td>思い過ごしも<td>恋のうち,
<tr><td>女泣き砂<td>日本海

<tr><th colspan=2>▼▲▼ か ▼▲▼
<tr><td>海軍士官<td>候補生
<tr><td>格好悪い<td>ふられ方
<tr><td>悲しきRadio <td>Station
<tr><td>悲しみよりも<td>そばにいる
<tr><td>柄じゃなかった<td>恋なんか
<tr><td>加爾基 精液<td>栗ノ花
<tr><td>感謝カンゲキ<td>雨嵐
<tr><td>気絶するほど<td>悩ましい

<tr><td>木曽の御岳・<td>岳次郎
<tr><td>ギターのような<td>女の子
<tr><td>キミシニタモウ<td>コトナカレ
<tr><td>キョーダインとは<td>俺たちだ
<tr><td>京都白川<td>おんな川
<tr><td><small>今日までそして<td>明日から
<tr><td><small>今日もどこかで<td>デビルマン
<tr><td>清く 正しく<td>美しく
<tr><td>銀河伝説<td>オデッセイ
<tr><td>空襲なんぞ<td>恐るべき
<tr><td><small>グッドバイ・ジミー・<td><small>グッドバイ
<tr><td>紅萌ゆる<td>丘の花
<tr><td>黒い眸よ<td>今いずこ
<tr><td>黒髪長き<td>君なれば
<tr><td>月火水木<td>金土日。
<tr><td>コーンフレーク<td>ダイアリー
<tr><td>恋していれば<td>大丈夫
<tr><td>ココロとカラダ、<td>日曜日

<tr><th colspan=2>▼▲▼ さ ▼▲▼
<tr><td>最大聖地<td>カーニバル
<tr><td>桜前線<td>異常ナシ
<tr><td>サイレンス・イズ・<td>ゴールデン
<tr><td>ザット・オールド・<td>フィーリング
<tr><td>寒い国から<td>来た女
<tr><td>寒い国から<td>来た手紙
<tr><td>寒けする程<td>トロピカル
<tr><td>シーズンオフの<td>心には|
<tr><td>ジェラシーと云う<td>名の悪夢|
<tr><td>地獄に堕ちた<td>野郎ども
<tr><td>自信マンマン<td>あげだマン
<tr><td><small>ジャスト・ア・リトル・<td><small>トゥー・マッチ
<tr><td>春夏秋冬<td>屋形船
<tr><td>庄内平野<td>風の中
<tr><td>白百合悲し<td>君に似て
<tr><td>シンスケさんて<td>えらいのネ
<tr><td>人生夫婦<td>ふたりづれ
<tr><td>水道完備<td><small>ガス見込み
<tr><td>好きよ、純情<td>反抗期。
<tr><td>進め一億<td>火の玉だ
<tr><td>Swallowtail<td>Butterfly
<tr><td>世界に一つ<td>だけの花
<tr><td>センチメンタル・<td>アナーキー
<tr><td>センチメンタル・<td>カーニバル
<tr><td>センチメンタル<td>スクラップ
<tr><td>センチメンタル<td>ストリート
<tr><td>センチメンタル・<td>ニューポップ

<tr><th colspan=2>▼▲▼ た ▼▲▼
<tr><td><small>たどりつけない<td>レインボー
<tr><td>誰か故郷を<td>想わざる
<tr><td>誰も知らない<td>赤い花_
<tr><td>チャペルに続く<td>白い道
<tr><td>調子悪くて<td>あたりまえ
<tr><td>津軽海峡・<td>冬景色
<tr><td>津軽海峡<td>鮪船
<tr><td>次の荒鷲ゃ<td>僕達だ
<tr><td>辛ろうござんす<td>ひとり旅
<tr><td>東京・ソウル・<td>ラブコール
<tr><td>東京の空<td>青い空^
<tr><td>どうせひろった<td>恋だもの
<tr><td>遠い海から<td>来たあなた
<tr><td>とちぎ水郷<td>蔵の街
<tr><td>突撃喇叭<td>鳴り渡る
<tr><td>トライアングル・<td>ラブレター

<tr><th colspan=2>▼▲▼ なは ▼▲▼
<tr><td>にくまれそうな<td>NEWフェイス
<tr><td>憎みきれない<td>ろくでなし
<tr><td>日本男児<td>ここにあり^
<tr><td>のぞみ坂から<td>明日坂
<tr><td>博多山笠<td>女節
<tr><td>はじめ人間<td>ギャートルズ
<tr><td>ハッピーサマー<td>ウェディング
<tr><td>晴れのち曇り<td>そして秋
<tr><td>秘密戦隊<td>ゴレンジャー
<tr><td colspan=2>ひろしま、そして雨ン中
<tr><td>ブルーロマンス<td>薬局
<tr><td>撲殺天使<td>ドクロちゃん
<tr><td>本気半分<td>エキストラ

<tr><th colspan=2>▼▲ まやらわ ▲▼
<tr><td>MajiでKoiする<td>5秒前
<tr><td>待ちくたびれた<td>日躍日
<tr><td>昔愛しや<td>石畳
<tr><td>向う三軒<td>両隣り
<tr><td>メトロポリタン<td>美術館

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><td colspan=2>もいちど生まれ変わっても
<tr><td colspan=2>燃えて燃やして燃えつきて
<tr><td>やってくれたぜ<td>お嬢さん
<tr><td>ヤマトナデシコ<td>七変化
<tr><td>やるぞ一発!<td>野球道
<tr><td colspan=2>酔いどれダンス・ミュージック
<tr><td>ラインストーン・<td>カウボーイ
<tr><td>Rock'n' roll<td>Good-bye
<tr><td>ロックンロール・<td>タイフーン
<tr><td>ロックンロール・<td>ミュージック
<tr><td>ワイルド・サイド・<td>オブ・ライフ

<tr><th colspan=2>【歌 / 唄】
<tr><td>あの日の君を<td>恋うる歌
<tr><td>まだみぬ君を<td>恋うる歌
<tr><td>━━━
<tr><td>愛しい人へ<td>捧ぐ歌,
<tr><td>十一月の<td>雅歌
<tr><td>昭和生まれの<td>心演歌
<tr><td>少年兵を<td>送る歌
<tr><td>卒業生を<td>送る歌
<tr><td colspan=2>ついてない日の応援歌
<tr><td>津軽じょんがら<td>流れ唄
<tr><td>ひとりぼっちの<td>雨の唄
<tr><td>やくざ若衆<td>祭り唄

<tr><th colspan=2>【さん】
<tr><td><small>逢いに来ました<td>お父さん
<tr><td>海の匂いの<td>お母さん
<tr><td>げんこつやまの<td>たぬきさん
<tr><td>タンゴの好きな<td>お嬢さん
<tr><td>となりの町の<td>お嬢さん
<tr><td>町の小さな<td>靴屋さん

<tr><th colspan=2>【~ながら】
<tr><td>青い夜霧に<td>濡れながら
<tr><td>リニアブルーを<td>聴きながら

<tr><th colspan=2>【れて / くて】
<tr><td>アンダルシアに<td>憧れて
<tr><td colspan=2>生まれてそして愛されて
<tr><td>演歌みたいに<td>捨てられて
<tr><td>そんなヒロシに<td>騙されて,
<tr><td>鞭で打たれて<td>愛されて
<tr><td><small>I LOVE YOUが<td>言えなくて
<tr><td colspan=2>あなたを・もっと・知りたくて
<tr><td>きみに今すぐ<td>逢いたくて

<tr><th colspan=2>【~てた】
<tr><td>切ないくらい、<td>愛してた。
<tr><td>それでも君を<td>愛してた
<tr><td>それでもいいと<td>思ってた

<tr><th colspan=2>【~した】
<tr><td>好きだよずっと<td>好きでした
<tr><td>ずっとあなたが<td>好きでした
<tr><td>それは優しい<td>雨でした
<tr><td>それはやっぱり<td>君でした
<tr><td><small>そんなあんたに<td>惚れました
<tr><td>そんな夕子に<td>ほれました
<tr><td>たった一人の<td>人でした_
<tr><td>地球は狭く<td>なりました
<tr><td>ちょうど時間と<td>なりました
<tr><td>孫も大きく<td>なりました

<tr><th colspan=2>【~った】
<tr><td>あの人の船<td><small>行っちゃった
<tr><td>ごめんよ僕が<td>馬鹿だった,
<tr><td>父よあなたは<td>強かった
<tr><td>野球選手が<td>夢だった

<tr><th colspan=2>【~まで】
<tr><td>酒と女は<td>二合まで
<tr><td><small>Dance Beatは<td>夜明けまで
<tr><td>祭りばやしが<td>終わるまで

<tr><th colspan=2>【~なんて】
<tr><td>君が戻って<td>来るなんて
<tr><td>恋をするだけ<td>無駄なんて
<tr><td>16歳の<td>恋なんて
<tr><td>冷えたビールが<td>ないなんて

<tr><th colspan=2>【けど / れど】
<tr><td>あゝりんどうの<td>花咲けど
<tr><td>嘘でとうした<td>愛だけど
<tr><td>茜さす 帰路<td><small>照らされど…
<tr><td>プリンセスでは<td>ないけれど
<tr><td><small>妬いてる訳じゃ<td><small>ないけれど`

<tr><th colspan=2>【~たら】
<tr><td><small>あなたを好きで<td>いられたら
<tr><td>こんな男で<td>よかったら
<tr><td>こんな俺でも<td>よかったら
<tr><td>こんな私で<td>よかったら
<tr><td>僕が女房を<td>貰ったら
<tr><td>もしも月給が<td>上ったら

<tr><th colspan=2>【~なら】
<tr><td>明日世界が<td>終わるなら
<tr><td>生きてることが<td>辛いなら
<tr><td>落ちる涙が<td>銅貨なら
<tr><td>そんなお方が<td>あったなら
<tr><td>泣いて昔が<td>返るなら  
<tr><td>バケツに穴が<td>あいたなら
<tr><td>昔の彼に<td>会うのなら|
<tr><td>もしもピアノが<td>弾けたなら


</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><th colspan=2>【~から / ~だから】
<tr><td>月がとっても<td>青いから
<tr><td>逢いたいうちが<td>華だから
<tr><td><small>あなたまかせの<td>夜だから
<tr><td>君は心の妻<td>だから
<tr><td>霧が流れる<td>夜だから
<tr><td>最後と決めた<td>女だから
<tr><td>三年ぶりの人<td>だから
<tr><td>勝負は時の<td>運だから
<tr><td>星の輝く<td>夜だから

<tr><th colspan=2>【~たい】
<tr><td>愛されるより<td>愛したい
<tr><td>恋するように<td>愛したい
<tr><td>星になるまで<td>愛したい
<tr><td>夢見るように<td>愛したい
<tr><td>あなたの妻と<td>呼ばれたい
<tr><td><small>あなたを宇宙へ<td>届けたい
<tr><td>今すぐ家に<td>帰りたい~
<tr><td>君が好きだと<td>叫びたい
<tr><td>君の心に<td>帰りたい
<tr><td>シンジラレナイ=<td>シンジタイ
<tr><td>時の流れを<td>信じたい
<tr><td>涙の海で<td>抱かれたい,
<tr><td>涙を海に<td>返したい
<tr><td>魔法みたいな<td>恋したい
<tr><td>二人ぼっちに<td>なりたいの
<tr><td>早くあいたい<td>あの人に

<tr><th colspan=2>【~ないで A】
<tr><td>言いたい事も<td>言わないで
<tr><td>そんな心と<td>知らないで
<tr><td>花の心も<td>知らないで
<tr><td>人の気持も<td>知らないで
<tr><td>僕の気持も<td>知らないで

<tr><th colspan=2>【~ない】
<tr><td>失うものは<td>何もない
<tr><td>エスプレッソで<td>眠れない
<tr><td>今夜はきっと<td>眠れない
<tr><td>こんな夜には<td>踊れない,
<tr><td>ダンスはうまく<td>踊れない
<tr><td>今でも君を<td>忘れない
<tr><td>ずっと今夜を<td>忘れない
<tr><td>涙が君を<td>忘れない
<tr><td>クリスマスまで<td>帰らない
<tr><td><small>Christmasまで<td>帰らない
<tr><td>あの日の船は<td>もう来ない
<tr><td>狼なんか<td>怖くない
<tr><td>想い出なんて<td>欲しくない
<tr><td>キックベースは<td>終わらない
<tr><td>女の花は<td>散らさない
<tr><td>サヨナラなんて<td>聴こえない
<tr><td>サンタが悪い<td><small>わけじゃない
<tr><td><small>好きにならずに<td>いられない~
<tr><td>ツインテールは<td>もうしない
<tr><td>どうして声が<td>とどかない
<tr><td>涙の河を<td>渡れない
<tr><td>二度と恋など<td>したくない
<tr><td>ねこの森には<td>帰れない
<tr><td colspan=2><small>馬鹿は死ななきゃなおらねぇ
<tr><td>ひとりぼっちの<td>空じゃない
<tr><td>もう君以外<td>愛せない
<tr><td>ラストシーンは<td>見たくない
<tr><td>Romanticが<td>止まらない

<tr><th colspan=2>【問い】
<tr><td>兄貴と呼んで<td>いいですか
<tr><td>おべんとつけて<td>どこいくの
<tr><td>結婚しても<td>いいですか
<tr><td><small>こんな気持ちが<td><small>わかるかい~
<tr><td colspan=2><small>ボクに取られてみまTENCA?
<tr><td>やっと笑って<td>くれるかい

<tr><th colspan=2>【命令】
<tr><td>あゝ青春に<td>花よ咲け
<tr><td>青い渚を<td>ぶっ飛ばせ
<tr><td>結婚式を<td>ブッ飛ばせ|
<tr><td>ベートーベンを<td>ぶっとばせ
<tr><td>黒いブーツで<td>ぶっとばせ
<tr><td>G.T.O.で<td>ぶっとばせ
<tr><td>あしたに生きろ<td>バルディオス
<tr><td>嵐の中を<td>突っ走れ
<tr><td>一週間に<td>十日来い
<tr><td>男はみんな<td>華になれ
<tr><td colspan=2>俺のHEARTに訊いてくれ
<tr><td>踵で愛を<td>打ち鳴らせ
<tr><td>花粉デビルを<td>やっつけろ!
<tr><td>君よ抱かれて<td>熱くなれ
<tr><td>君よ涙で<td>振り返れ
<tr><td>銀河系まで<td>飛んでいけ
<tr><td>臭いものには<td>フタをしろ!!
<tr><td>心よ歌え<td>泣かないで
<tr><td>拳を天に<td>つき上げろ
<tr><td>さあ太陽を<td>呼んでこい
<tr><td>さくらの花よ<td>泣きなさい
<tr><td>すべての歌に<td>懺悔しな,

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><td>世界をつなげ<td>花の輪に
<tr><td>闘え! そして<td>糧を得よ!
<tr><td>だまって俺に<td>ついて来い
<tr><td>涙ビリビリ<td>吹きとばせ
<tr><td>古い歌など<td>やめてくれ

<tr><th colspan=2>【勧誘】
<tr><td>明日は咲こう<td>花咲こう
<tr><td>エデンの園で<td>逢いましょう
<tr><td>有楽町で<td>逢いましょう
<tr><td>夜霧の中で<td>逢いましょう
<tr><td>リフトの下で<td>逢いましょう
<tr><td>うちと一緒に<td>なれへんか
<tr><td>縁があったら<td>また逢おう_
<tr><td>グッドバイから<td>はじめよう
<tr><td>クライマックス<td>御一緒に
<tr><td>心に花を<td>咲かせよう
<tr><td>心の花を<td>咲かせよう
<tr><td>二人の星を<td>さがそうよ
<tr><td>ミサよタンゴを<td>踊ろうよ
<tr><td>無駄な抵抗<td>やめましょう
<tr><td>胸に飾ろう<td>幸せを
<tr><td>夜の散歩を<td>しないかね
<tr><td>ワゴンに乗って<td>でかけよう|

<tr><th colspan=2>【依頼】
<tr><td>アクアマリンの<td>ままでいて
<tr><td>朝陽の中で<td>微笑んで|
<tr><td>明日天気に<td>しておくれ
<tr><td>あなたこっちを<td>振り向いて
<tr><td>いちご畑で<td>つかまえて
<tr><td colspan=2>おふろやさんへつれてって
<tr><td>かえしておくれ<td>今すぐに
<tr><td>君の気持ちを<td>教えてね~
<tr><td>金のリボンで<td>Rockして
<tr><td>幸せさんよ<td>出ておいで
<tr><td>少女迷路で<td>つかまえて
<tr><td>JINGI・愛して<td>もらいます
<tr><td>素顔の僕を<td>うけとめて
<tr><td>タイムマシンで<td>逢いに来て
<tr><td>ダウンタウンで<td>つかまえて
<tr><td>チェリームーンで<td>踊らせて
<tr><td>走っておいで<td>恋人よ
<tr><td>ひとりぽっちで<td>踊らせて`
<tr><td>約束してよ?<td>一緒だよ!
<tr><td>夢をかなえて<td>ドラえもん
<tr><td>笑ってローズ<td>マリーちゃん

<tr><th colspan=2>【~ないで B】
<tr><td>アイドルばかり<td>聴かないで
<tr><td>雨よあんまり<td>降らないで
<tr><td>悲しみだけで<td>生きないで
<tr><td>心よ走り<td>出さないで
<tr><td>今夜はきつく<td>抱かないで
<tr><td>さみしい顔は<td>見せないで
<tr><td>そのスウィッチに<td>触れないで
<tr><td>そんなに思い<td><small>詰めないで!
<tr><td>そんなに耳を<td>かまないで
<tr><td>小さな花も<td>折らないで
<tr><td>扉に鍵を<td>付けないで
<tr><td>一人でご飯<td>食べないで
<tr><td>ヘッドホォーンは<td>つけないで
<tr><td>僕の噂は<td>たてないで
<tr><td>マネー雑誌を<td>読まないで
<tr><td>ママの涙を<td>ふかないで
<tr><td>マリンブルーに<td>溶けないで
<tr><td><small>ミーちゃん、つめを<td>かまないで
<tr><td>緑の森を<td>焼かないで
<tr><td>昔のことは<td>聞かないで
<tr><td>もう口笛を<td>吹かないで
<tr><td>夜は誰にも<td>あげないで
<tr><td><small>わたしを置いて<td>いかないで
<tr><td>気分しだいで<td>変えないで
<tr><td>地球の色を<td>変えないで
<tr><td>ありがとうって<td>書かないで
<tr><td>夏の手紙は<td>書かないで
<tr><td>瞳で話し<td>かけないで
<tr><td>夢にストップ<td>かけないで
<tr><td>気分しだいで<td><small>責めないで,
<tr><td>こんな私を<td>せめないで
<tr><td>だから私を<td>責めないで
<tr><td>ダーリン今を<td>せめないで
<tr><td>地球の夜を<td>止めないで
<tr><td>ロマンティックを<td>止めないで
<tr><td>エプロンだけは<td>とらないで!
<tr><td>僕の彼女を<td>とらないで
<tr><td>僕の翼を<td>とらないで
<tr><td>つくつくぼうし<td>なかないで
<tr><td><small>いじめなんかに<td>まけないで
<tr><td>歩いて行こう<td>負けないで
<tr><td>涙なんかに<td>負けないで
<tr><td>六年生に<td>負けないで
<tr><td>電話のベルは<td>待たないで
<tr><td>BIG BIRDを<td>待たないで


</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><th>【行かないで】
<tr><td>ああ お願いだ
<tr><td>お嫁なんかに
<tr><td>月の世界へ
<tr><td>私を置いて

<tr><th>【いわないで】
<tr><td>愛していると
<tr><td><small>おてんばなんて
<tr><td>悲しい嘘を
<tr><td>今夜は何も
<tr><td>さよならなんて
<tr><td>やさしいなんて
<tr><td>夜よさよなら

<tr><th>【云わないで】
<tr><td>サヨナラだけは
<tr><td>さよならなんて
<tr><td>そんな意地悪

<tr><th>【言わないで】
<tr><td>愛してるって
<tr><td>愛人なんて
<tr><td>秋に別れは
<tr><td>今はさよなら
<tr><td>うそつきなんて
<tr><td>かわいそうだと
<tr><td>君が誰だか
<tr><td>ごめんなさいは
<tr><td>さよならだけは
<tr><td>さよならなんて
<tr><td>サヨナラなんて
<tr><td>さよならばかり
<tr><td>さよならはまだ
<tr><td><small>ジヨデイのことは
<tr><td>だからさよなら
<tr><td>チャーミングッて
<tr><td>まだ恋だとは
<tr><td>昔のことは
<tr><td>もうさよならは

<tr><th>【消さないで】
<tr><td>心の灯り
<tr><td>波音だけは
<tr><td>部屋の灯を
<tr><td>ルームライトは

<tr><th>【させないで】
<tr><td>彼をがっかり
<tr><td>一人ぽっちに
<tr><td>ひとりぼっちに
<tr><td>独りぼっちに
<tr><td>別れの秋に
<tr><td>私ひとりに

<tr><th>【捨てないで】
<tr><td>決して僕を
<tr><td>こんな私を
<tr><td>釣り場にゴミを

<tr><th>【泣かないで】
<tr><td>アルゼンチンよ、
<tr><td>今をいじめて
<tr><td>心よ歌え
<tr><td>シャワールームで
<tr><td>てるてる坊主
<tr><td><small>泣かないでもう
<tr><td>ひとりぼっちで
<tr><td>日焼けをセメて
<tr><td><small>LAST DANCEに

<tr><th>【ならないで】
<tr><td>おとなになんか
<tr><td>さみしい人に
<tr><td>正直者に
<tr><td>だからブルーに
<tr><td>バッドボーイに
<tr><td>一人ぼっちに
<tr><td>ひとりぼっちに
<tr><td>坊や大きく

<tr><th>【呼ばないで】
<tr><td>アイドルなんて
<tr><td>アコーディオンと
<tr><td>だから涙と
<tr><td>魔法少女と

<tr><th>【抱きしめて】
<tr><td>朝日の中で
<tr><td>アツイ情熱
<tr><td><small>逢って酔わせて
<tr><td>海よ私を
<tr><td>映画のように
<tr><td>傷だらけでも
<tr><td>雲の上まで
<tr><td>グラムな夜に
<tr><td>けもののように
<tr><td>スキャンダラスに
<tr><td>摂氏100度で
<tr><td>蕾のままで
<tr><td>冷たい夜に
<tr><td>ドラマティックに

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><td>波の数だけ
<tr><td>逃げないように
<tr><td>バトルの後で
<tr><td>瞳の奥で
<tr><td>ファースト・ラブを
<tr><td><small>FALL IN LOVEを
<tr><td>星の数だけ
<tr><td>星の数ほど
<tr><td>ミラボー橋で
<tr><td>胸いっぱいに
<tr><td>優しい嘘も
<tr><td>優しく強く
<tr><td>雪降る夜は
<tr><td>夜霧の中で
<tr><td>私をきつく
<tr><td>━━━
<tr><td>逢えない夜を
<tr><td>あの日の風を
<tr><td>輝く夢を
<tr><td>5月の風を
<tr><td>心に海を
<tr><td>心をギュッと
<tr><td>朱色の花を
<tr><td>ダイナマイトを
<tr><td>ダンスで夏を

<tr><th>【子守唄】
<tr><td>アイルランドの
<tr><td>あなたの為の
<tr><td>海の男の
<tr><td>男涙の_
<tr><td>風の大地の
<tr><td>酒は女の
<tr><td>さすらい人の
<tr><td>十一月の
<tr><td>遠くはなれて
<tr><td><small>寝た子も起きる
<tr><td><small>寝た子を起こす
<tr><td>バードランドの
<tr><td>ブロードウェイの
<tr><td>南の海の

<tr><th>【子守歌】
<tr><td>酒は男の
<tr><td>モーツァルトの

<tr><th>【ひとりごと】
<tr><td><small>I LOVE YOUは,
<tr><td>午前0時の
<tr><td>そんな女の
<tr><td>眠れぬ夜の

<tr><th>【ひとり言】
<tr><td>19歳の
<tr><td>22歳の

<tr><th>【ありがとう】
<tr><td>あゝ上野駅
<tr><td>今、贈りたい
<tr><td>さよなら、そして
<tr><td>兵隊さんよ

<tr><th>【さようなら】
<tr><td>島の娘よ、
<tr><td>十七歳よ
<tr><td>東京の人
<tr><td>ふたりの夏に
<tr><td>夜霧の中で

<tr><th>【もう一度】
<tr><td>あゝ上野駅
<tr><td>逢いたかったわ・
<tr><td><small>「いちご白書」を|
<tr><td>出来る事なら
<tr><td>忘れな草を`

<tr><th>【物語】
<tr><td>青山Killer
<tr><td>アダムとイヴの
<tr><td>ウィーンの森の
<tr><td>上野の恋の
<tr><td>海とあなたの
<tr><td>絵になる夜の
<tr><td>大きな恋の
<tr><td>悲しい恋の
<tr><td>悲しき恋の
<tr><td>北のみずうみ
<tr><td>北の都の
<tr><td>君の知らない
<tr><td>君の瞳の
<tr><td>銀座の雨の
<tr><td>銀座の恋の
<tr><td>この手で創る
<tr><td>砂漠の恋の
<tr><td>塩原太助
<tr><td>静かな恋の
<tr><td>静かな夏の
<tr><td>空にしずめる

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><td>台場の恋の
<tr><td>題名のない
<tr><td><small>たった、ふたりの
<tr><td>小さな恋の
<tr><td>チャコの海岸,
<tr><td><small>途切れた愛の
<tr><td><small>泣き虫チャチャの
<tr><td>ハッピーエンド
<tr><td>僕達だけの
<tr><td>水辺の恋の
<tr><td>三つの恋の
<tr><td>メイプルタウン
<tr><td>桃と林檎の
<tr><td>夜霧の恋の
<tr><td>ヨコハマ港
<tr><td>私をたどる

<tr><th>【ラヴ・ソング】
<tr><td>歌えなかった
<tr><td>午前0時の

<tr><th>【love song】
<tr><td>君に捧げる
<tr><td>明るいだけの
<tr><td>貴方が生きた


<tr><th>【<small>LOVE SONG</small>】
<tr><td>声にならない
<tr><td>ひとりぽっちの

<tr><th>【ラブソング】
<tr><td><small>終わらなかった
<tr><td>キミに歌った
<tr><td>君の顔への
<tr><td>等身大の
<tr><td>遠い渚の
<tr><td>窓から逃げた
<tr><td>忘れかけてた

<tr><th>【渡り鳥】
<tr><td>命しらずの
<tr><td>宇宙旅行の
<tr><td>江戸の隠密
<tr><td>俺は陽気な
<tr><td>ギターを持った
<tr><td>君は海鳥_
<tr><td>昭和生まれの
<tr><td>背広姿の
<tr><td>ちょいときまぐれ
<tr><td>涙を抱いた
<tr><td>袴をはいた
<tr><td>三つ葉葵の

<tr><th>【シンデレラ】
<tr><td>おとぎの国の
<tr><td>おとぎ話の
<tr><td>仮契約の
<tr><td><small>機械仕掛けの
<tr><td>君は5:00から
<tr><td>君は陽気な
<tr><td>計算高い
<tr><td>午前0時の
<tr><td>コンプレックス
<tr><td>12時すぎの
<tr><td>12時過ぎの
<tr><td>白いブーツの
<tr><td>23時の
<tr><td>26時の
<tr><td><small>閉じこめられた
<tr><td>働き者の
<tr><td><small>不思議Tokyo
<tr><td>真夏の夜の
<tr><td>魔法のとけた
<tr><td>夜空に消えた
<tr><td>60歳の
<tr><td>ロシアンブルー

<tr><th>【ハネムーン】
<tr><td><small>いってらっしゃい
<tr><td>銀の月夜の
<tr><td>コンビニエンス
<tr><td>ファーストクラス・

<tr><th>【ものがたり】
<tr><td>船頭小唄
<tr><th>【ストーリー】
<tr><td>君と奏でる
<tr><td>恋の女の,
<tr><td><small>ダブル・シーズン・
<tr><td>虹と素足の
<tr><td>八王子ラブ
<tr><td>果てなく続く

<tr><th>【Story】
<tr><td>君の知らない

<tr><th>【エトランゼ】
<tr><td>女はひとり
<tr><td>鏡の中の
<tr><td>夜の薫りの

<tr><th>【クリスマス】
<tr><td>悪魔のメリー
<tr><td>あの日のメリー
<tr><td>いつかのメリー

</table><td><table style="line-height:0.7;">

<tr><td>怪物くんの
<tr><td>恋人たちの
<tr><td>ひとりぼっちの
<tr><td>ぼくらの街の
<tr><td>星降る夜の
<tr><td>ママと二人の
<tr><td>メリーとっとこ

<tr><th>【セレナーデ】
<tr><td>青い故郷の
<tr><td>あったらコワイ
<tr><td>雨の横浜
<tr><td>嵐の夜の  
<tr><td><small>いちょう並木の,
<tr><td>いったりきたり
<tr><td>老いぼれ犬の
<tr><td>男やもめの
<tr><td>風とブーケの
<tr><td>カナキリ声の
<tr><td>銀座の恋の
<tr><td>クリスマス、イブ、
<tr><td>恋する猫の
<tr><td>恋人達の
<tr><td>コウモリたちの
<tr><td>午前3時の
<tr><td>サニー・コースト・
<tr><td>屍達の
<tr><td>時空を超えた
<tr><td><small>じゅうにのほしの
<tr><td>ショパンのような
<tr><td>世間知らずの
<tr><td>絶望奈落
<tr><td>センチメンタル
<tr><td>タンブルウィード・
<tr><td>月の雫の
<tr><td>月の光の
<tr><td>トーキョー・シティ・
<tr><td>東京ダンス
<tr><td>ドンキホーテの
<tr><td><small>ドンジョヴァンニの
<tr><td>夏の終わりの
<tr><td>猫に恋する
<tr><td>博多・紫・
<tr><td>バッドボーイズ
<tr><td>ハンガリー風
<tr><td><small>ビター・スウィート・
<tr><td>冬のベンチと
<tr><td>星降る街の
<tr><td>星降る夜に
<tr><td>星降る夜の
<tr><td><small>ポタージュ・ナイト・
<tr><td>マジメおやじの
<tr><td><small>待つことだけの
<tr><td>真夏の夜の
<tr><td>マリオネットの
<tr><td>みなとよこはま
<tr><td>モーツァルトの
<tr><td>山の小人の
<tr><td>レインドロップ
<tr><td>鹿鳴館の
<tr><td>ロックンロール
<tr><td>ロックンロール・

<tr><th>【小夜曲】
<tr><td>君うるわしの
<tr><td>眠れぬ夜の

<tr><th>【港町】
<tr><td>青い夜霧の
<tr><td>赤い椿の
<tr><td>恋でゴザンス
<tr><td>月が出ている
<tr><td><small>流れの果ての^

<tr><th>【みなと町】
<tr><td>風の追分
<tr><td>日本列島・

<tr><th>【愛してる】
<tr><td>今でも君を,
<tr><td>誰かが君を
<tr><td>100万回の
<tr><td>ぼくは地球を
<tr><td><small>みんなあなたを
<tr><td>みんな誰かを

<tr><th>【あいしてる】
<tr><td>24時間

<tr><th>【いつまでも】
<tr><td>あゝ上野駅
<tr><td>ああ青春よ
<tr><td>東京の灯よ
<tr><td>忘れはしない

</table>
</table>tdsmalltd