※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は2010年のこのHKグループ設立当初からかかわっています。
ピーチ物語、発狂トランプから替え歌祭、発狂祭と数多くのイベントを行ってきました。

その中で毎回変わらずに持ち続けてきた精神があります。
それは「全員が楽しめる」ということです。
現在34人(2013.07.05)の部員がいたら34通りの楽しみ方がありますが、
全員の中の「楽しい」を日々考えています。
もちろんそこには自分も入っていますから自分も楽しめることを考えていますし、
場合によっては少しの苦労もあったりします。

最近は思い当たる節が多すぎて(こいつまたわけわかんねぇことほざいてやがる・・)とか思ってる人もいるかと思いますが、
これが正直なところです。
なので、あまりに活動に対して否定的であったり消極的・無関心だったりすると
こちらとしても不本意であり、残念です。
そもそも企画内容が面白くなかった場合については全面的に企画のミスですが、
案は出さない、会議は読むだけの人には少し難しいのかな、と思います。

上記とは多少関係ありますが、これまで計6人の自主退部者が出たことについては、
自分の意見としては100%の責任を押し付けられるのは心外です。
もちろん中にはきっぱり「お前のやり方が無理」と言われた事例もありますが(直近2人はそうですが)、
そこまで追い詰める前に異議を言われたことも無かったので、
正直驚きのほうが大きいです。
ここまで書いて読み直してみると、自分で読んでもかなり言い訳に見えるのでおそらくそう見えてるでしょう。
自分に責任があると思う人には「責任逃れ」と言われても仕方がありません。
ただ、前記同様、必ずしも自分のせいだとは思ってなく、直近2人に関しては
相手側にも非があると思っています。
なので、ここに関して意義がある場合には直接質問、もしくは
「問責決議」という形を取ってきても構いません
発言は皆様の自由です。さぁ、ディスカッションをしましょう。