ファスマレー国語化運動

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファスマレー国語化運動(ファスマレ:gep nn god tod ud sep ilud nn dod ud:GGTD)
1988年頃 連邦、ラネーメ国 東中央地方にて起こった「ファスマレー語をラネーメ国の国語に使用しよう」と蜂起した運動のことである

概要
発端はラネーメ国の「国語新生運動」にての国語教育のラネーメ方言徹底化
古くからの言語が残る東中央地区での反発が強まり 今日までの活動に至る
承認までの経緯
2012年 国語として認定をうけ
2013年より教育が実施される
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。