KOBerrieS♪の楽曲

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

KOBerrieS♪の楽曲

 

メリケンパークに落ちる星

イントロ部でのかにゃんの望遠鏡ポーズが有名な曲。

歌詞の「1分1秒がもったいないから」が印象的。

動画
いちこのイメージ
 

流星☆トランジスタ

神戸市営地下鉄に乗り込んだ時の印象を歌にしている。

あんなふうになりたくない少女たちの気持ちが歌われている。

動画
いちこのイメージ
 

絶対最後乃恋宣言

推しメンが誰かによって、再生される脳内PVが大きく異なるであろうキュンキュンする名曲。

私の脳内ではメロン大好きな娘しか出演しない。

黒く長い髪じゃないメンバー推しの人の脳内PVはどうなってんのかな。

脳の中をのぞいてみたい。とろけそう。

動画
いちこのイメージ
 

ポートタワー

地域の名物、名所が歌詞に出てくる明るい曲。

私が外出するときに替え歌で歌ってしまう曲。

「尼のぬしで待ち合わせ」

「私が生まれたまち 醤油の香り 平坦なまち」

「一味をたっぷりかけた もつ焼きの店はもちろん 尼崎のええとこやったら 全部ぜんぶ知っとるで」

「煮汁をたっぷりふくませた 高野豆腐のお店はもちろん 尼崎のええとこやったら 全部ぜんぶ知っとるで」

動画
いちこのイメージ
 

ガールズ・オン・ザ・ラン

神戸マラソン用の曲?

激しい感じ。ランがLANだとファボっ娘感があるし、RUNだとまゆち感がある。

動画
いちこのイメージ


ワンダーランド

ワンダーランド=神戸市北区が定着している。

北区は冬になると超絶寒いらしい。

動画
いちこのイメージ
 

Love never dies!!!

言わずと知れたKOBerrieS♪の始まりの曲。

OPではメンバーがずらっと後ろ向きに並び、イントロで一人ずつ客席にポーズを決めていく。

Love never dies!!! とは言うものの、歌詞を読むと、I hope, "Love never dies."な感じの切ない曲。

動画
いちこのイメージ
 

うみのみえるまち

神戸の街をうたう曲。

KOBerrieS♪の楽曲はメロディーは明るいけど、詩が切ない感じ。

とはいえ、この曲はステージ上でこうべりちゃんが客席を煽る曲。

「エブリバデェ セイ ウォー!」

とか、手を振る曲である。

動画
いちこのイメージ
 

さよならバイバイ

持ち歌が3曲しかなかった頃は、この曲でおしまいだった。

20分足らずのステージだったので、「えっ、もうバイバイなの?」って毎回思ってた。

最近、歌ってるのを観てないけど、これをガチで歌うこうべりちゃんを見たいけど、見たくないなあ。

普段の生活でも何かが終わってしまう時に、「それはもうさよならバイバイやな」と自然と使える名フレーズ。

動画
 

夏色太陽
やたらと明るい感じラテン系の曲。特にサビ前のパーンパパーンパーンパパーンの盛り上がり感が凄い。
歌詞の中で印象的なのは「泣きそうになるよ 今度は前者の理由で」の部分。
つい、この表現を真似したくなる。
真似したくなるってのは、一番尊敬している感情。同じようになりたいってことだからね。
曲調の明るさとは裏腹に別れの曲。
でも、最後の「焼肉、がっつきに行こかー!」で全てが救われる感じする。
動画

 

泣き虫アリス
泣き虫アリスとは何なのか。
ライブ中昼寝アイドル部の楽曲。イントロ部ではメンバーがお昼寝をする。
未来志向の強い曲。未来に向かって進むには少しの休養も必要ってことかな。
動画

 

未来少年少女
イントロ部のギターの「ジャーン♪」がカッコいい。
今という現在を未来からの視点で見ている世界観。
でも、その未来は今とつながってるんだ。
楽曲、途中の「因数分解」からの早口言葉部分は真似するのが難しい。
最後の「ヘスの使い道」でドヤ顔をする。
で、したり顔で「僕には未だに解らない」

動画

 

タイムマシーン
静岡でのイベントで初披露。その後は3度目のワンマンライブ2曲目で披露されただけのレア曲。でも、ランチキング氏が勝手に静岡のイベント当日の夜にはYouTubeにアップロードしたため、すぐに誰でも聴けるようになった曲。
聴いた時の最初の印象は「ん、これってみゅみゅさんの卒業ソング?」
誰もそんなことをつぶやいてはいなかったけど、心のどこかでそう感じていたんじゃないかな。
「決心」と「後悔しない」と「後悔」の感情が聴こえてくる。
動画