人材派遣の歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人材派遣の歴史

現在で言うところの“派遣”という業務形態が日本で見られるようになったのは、アメリカのマンパワー社が日本法人のマンパワー・ジャパンを設立した、1966年だと言われています。

1966年以前の日本にも、江戸時代の頃から「人足貸し」や「人貸し」といった建設業などを中心に働き手の派遣が行われていました。しかし、二重三重の又貸し派遣が平気で行われていたほかに、現在の様に法律の規定がない為、マージンも不当に多く差し引かれ、派遣される労働者の環境はまさに劣悪でした。また、こうした人貸しを行う業者は怪しい所も多く、1966年以前の日本における“人貸し”は長い間社会的に真っ当ではない商売であるとみられてきたのです。

そんなイメージを払拭するきっかけとなったのが、上記のマンパワー・ジャパンの設立です。同社が行ったのは、まず日本にある他の外資系会社への事務職派遣から始め、国内の商社や銀行などにも徐々に手を広げていったのです。

これに追随するかの様に、1973年にテンプスタッフが設立。その後も、パソナ、アデコといった大手派遣会社として現在も知られている派遣会社が次々と現れ始めたのです。



株式会社オフィス総務 オフィス総務東大阪 オフィス総務求人 オフィス総務大阪 オフィス総務八尾 オフィス総務仕事 オフィス総務転職 オフィス総務派遣 オフィス総務職業紹介 オフィス総務人材