※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登録タグ: 事件 未解決事件

1991年(平成3年)3月15日、三重県四日市市富田の富田浜海水浴場だった地域にて小学2年生(8歳)の女児が失踪したとされる事件。失踪の経緯や捜査において謎の出来事が起きており、怪事件と呼ばれている。そして、未だに解決していない。

概要

失踪した人物である加茂前ゆき(8歳)は、失踪の当日14時に友達と別れて自宅に向かった。この人物の目撃証言があったのはこれが最後であった。14時半に母親が自宅に電話をかけた際にはゆきは電話に出て話をしていたが、15時半にゆきの姉が帰宅した時には既にゆきの姿はなく、テーブルの上には彼女の好物であったホットココアが飲みかけのまま置いてあったという。また、彼女が外出する際に忘れずに着用していたというジャンパーや愛用の自転車は自宅に残されたままであったらしい。父親は失踪当時在宅していたが熟睡していた。そしてその際、彼女がいつも承諾していたという友人との遊ぶ約束が、その日に限って断られていたという。

怪文書

最も謎とされているのは、この事件の三年後に被害者宅へ送られた 怪文書 である。怪文書には片仮名と平仮名と漢字が入り交じりながら多くの暗喩が用いられており、更に「トミダノ股割レ」が事件の犯人であるとする内容であった。怪文書は「ミゆキサンにツイテ ミユキ カアイソウ カアイソウ」という文章から始まり、そして更に、「コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ トオモイマス」(「股割レ」は売春婦の蔑称ではないかと言われている)とも書かれていた。送り主は不明。
+ 怪文書全文

心霊との関係

この怪文書が届いた後に、緒方達生という名を名乗る自称霊能者から捜査協力の意思を示す手紙が届いたという。彼によると、ゆきは既に他界しており、彼女を誘拐した犯人は彼女の顔見知りである男女二人だという。そして、その自称霊能者は、彼女の霊の協力によってダウジングで遺体を探すというのである。しかし、その三日後に「彼女の霊を邪魔する別の霊が現れたために捜査に協力できなくなった」という内容の手紙を送り、捜査への協力を中止した。

出典

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|