※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dr. Tori Bartok


氏名:Dr. Tori Bartok(トリ・バートック博士)
党派:Tech系(S.P.I.R.I.T. Campus)
カラー:スカイブルー
タイプ:拡張型
特徴: プロジェクト遂行最優先
性格: 混合(状況によっては攻撃的に振舞う)
影響要素(+): 水力発電所を建設する。ラボ、研究所を建設する。デビ教授のクエストを完了する。Thor Strindbergと交戦する。等
影響要素(-): Thor Strindbergと講和する。自陣営のラボ、研究所を破壊する。等

外交アクション一覧

  • Declare War (平時のみ、Influence条件なし)
Bartokに対して宣戦を布告し、戦争状態に入る。

  • Lobbying (平時のみ、Influence条件なし)
資金を投入してBartokのInfluenceを上昇させる。
再使用に時間制限なし。

  • Repair Service (平時のみ、Influence30以上)
Bartokが所有しているRepair Dockで自分のユニットを修理してもらえるようにする。
再使用までの間隔は40分。

  • Stop Expansion (平時のみ、Influence30以上)
Bartokの勢力拡張をストップさせる。有効期間中はDr. Tori Bartokが新しい拠点を作ろうとする際にプレイヤーの許可を求めてくる。拒絶しても関係は悪化しない。承諾すると300 License(あるいは500 License)を払ってくれることがある。
再使用までの間隔は90分。

  • Price Dumping (平時のみ、Influence60以上)
Bartokの拠点で物資・アイテムを購入する際に値引きをしてもらう。発動させるには取引時にアイコンをクリックすること。
再使用までの間隔は45分。

  • Research Money (平時のみ、Influence60以上)
Bartokの研究に資金を投資する。投資が成功すれば利益が出るが失敗して損失を受けることもある。提供する資金の量と成功率(低いほうが成功時の利益は大きい)を選択する。
最初に一括して資金を出し、60分の間定期収入にプラスする形で返済してもらう。この収入の量は時間がたつにつれて額が変動する。最終的な損得は期間終了後の収支報告で分かる。
再使用までの間隔は120分。

  • Civil Defence (戦争中のみ、Influence条件なし)
建設物(攻撃能力を持つ砲台系は除く)を攻撃対象にしないように協定を結ぶ。この協定は相互に機能する。
再使用までの間隔は50分。

  • Cease-fire (戦争中のみ、Influence30以上)
一時的に停戦する。効果期間が過ぎると再び戦争状態に戻る。
再使用までの間隔は75分。

  • Request Peace (戦争中のみ、Influence60以上)
戦争を完全に止める。投入する資金の額によって相手が応じる確率が変わる。終戦後60分間は相互に宣戦布告をすることができない。
断られた場合、再使用までの間隔は5分。

影響

彼女は研究者だ。水力発電所や研究施設などを建設する事で好印象を得られる。しかし、ラボやアカデミーを破壊すると悪い印象を持たれてしまう。

プレイヤーが多くの島に拠点を築いたり、彼女の拠点がある島に後から入植しようとしたりすると関係が悪化する。

他のNPCとの関係

特に彼女はThor Strindbergと講和する事を全く好まない。そればかりか、彼と頻繁に戦争を引き起こす事があるのだ。
もしプレイヤーとThor Strindberg、Dr. Tori Bartokが同じセクターに居るならば彼女は講和をしないよう求めてくるだろう。そして、彼を完全に撃滅するよう求めるだろう。

活動

複数の島に入植して生産施設などを建設する。海底へも入植を行い、生産施設を建設する。
戦闘艦(Tycoon系)・潜水艦・航空機でバランスの取れた軍備を整えるが、拠点防御施設の建設は行わない。

プレイヤーとの関係

Bartok博士は自らが主導する"S.P.I.R.I.T. Project"なる計画の実現に注力しているためプレイヤーにはそれほど関心がなく、お互いに干渉しあわなければ平和的な共存が可能である。
しかし、セクター内でのプレイヤーの勢力が大きくなりすぎると、プレイヤーの存在がプロジェクトの脅威になると考えて「入植地を減らせ」という内容のUltimatumを出してくる。
このため、巨大経済圏を作ろうとする場合は彼女の存在が邪魔になることがある。
Strindbergほどの規模ではないもののバランスの取れた軍事力を持つので戦争する相手としては甘くは見れない。

Micorchipsを大量に売ってくれるため、大規模に研究開発を進める場合にはいてくれると助かることがある。
またFuel Rodsを売ってくれるが、これをTrenchcoatに転売すれば利鞘を稼げる。(自陣営にExecutiveクラスの住民がいるときのみ)

キャンペーンにおいて

彼女はチャプター2においてS.A.A.T関係者として登場する。対F.A.T.H.E.R.用のアンチウィルス開発を求めるなど、様々な依頼を行う。又、彼女はCOREに独自の港を保有しているのでそこから不足分の物資を購入する事が可能だ。
|
添付ファイル