※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鉱物の中で金属にあたり、希少性が高く化学反応や風化などによる経年変化が著しく低い鉱物を貴金属という。
「ジュエル」は「薔薇ジュエリー」のこと。「薔薇ジュエリー」は(その境界は曖昧ですが)主に貴金属と貴石を用いて作った装身具を指します。
具体的には、翡翠は東アジアの国々では高く評価されるが、欧米での評価はそれほどでもない。

ドイツのコルデスは「スブニール・ド・クロージュ」の子の「ジュリアン・ポタン」から1933年に「ゲハイムラート・ドイスゲルヒ(ゴールデン・ラピチュア)」を作出した。
チタンというのはいわば新参モノの金属といえる。 相互リンク登録 ヨーロッパのリングたち
フランスのメイアンの「アントワーヌ・メイアン」がアメリカで「ピース」と名づけられ、1945年に売り出された。

フロリバンダの品種の一つ「アンバークイーン」。一枝に房に花をつけるフロリバンダ系(FL)の誕生 [編集]デンマークのポールセン兄弟。
新婦にとっては、まったくのサプライズです。こんなに思われて、本当に幸せな花嫁です。
さらにドイツのコルデスが1940年に「ピノキオ」を発表した。

また、そのリングが確かに左手薬指にはまることを確認してからにしてください。
テクスチャーを加えられ、思いのままの表現を組み込まれてきた金、銀。
初期の薔薇ジュエリーは、骨や歯、貝や木や石といった自然物から作られた。
かつてはレコード針(サファイア)や機械式時計の軸受け(ルビー)などがあった。
ウィキペディアによると、『薔薇リング(薔薇リング)とは、薔薇リング科薔薇リング属の種の総称。
ロシア南方では、マンモスの牙からつくられた彫刻ブレスレットも見つかっている。
金のジュエリーと同時期に、エジプト人は彩色ガラスをジュエリーとして扱っていた。

コハクのように有機物であるもの、キュービックジルコニアを代表とする安定化剤という名の添加物を混合した人工合成物質など様々である。
「薔薇の下で」という言葉が「秘密に」という意味になって今に残っている。イギリス王室の紋章である。
古くから園芸家・育種家の人々の育てる植物として最もポピュラーなものであり、現在も鑑賞用として盛んに栽培される。

「青い薔薇」が誕生した(特に愛称はないようだ)。花言葉には「奇跡」「神の祝福」が追加された。
メソポタミアの薔薇ジュエリーは薄い金属板をもとに、数多くの明るい色の薔薇ジュエリー(瑪瑙・ラピスラズリ・カーネリアン・碧玉など)をあしらうことが多い。
マリの王家の書庫を例に挙げれば、さまざまな薔薇ジュエリーの構成について、以下のように記している。

アメリカ最古の薔薇ジュエリー園「インターナショナル・ローズテスト・ガーデン」がある。
17世紀初頭のヨーロッパでは薔薇ジュエリー十字団という、魔術や錬金術に関係があるといわれる秘密結社が暗躍し話題をさらった。
1998年に向井千秋飛行士がミニ薔薇ジュエリーの一品種・オーバーナイトセンセーションを用いた。
たとえば『死者の書』によれば、ミイラの首にかけるイシスの首飾りは、血を求めるイシスを満足させるため赤でなければならない。