有機化学演習Ⅰ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時間:月曜1限
担当:吉田准教授 ・森山助教授
出席:吉田先生は開始早々に点呼。 遅刻で減点1点,欠席で減点3点と言っていたはず。
    森山先生は授業中盤で点呼。
テスト:吉田先生の中間、森山先生の期末
レポート:単位が危うくならなければ無し。

管理人B>基本的には授業を受けてノートを取れば,ジョーンズのまとめが完成する授業。特に問題はないかな。テストは過去問をやっておけば7割は取れるはず。前半を吉田先生,後半を森山先生が担当する。





以下荒井先生・吉田先生の際のレビュー

管理人A>ジョーンズ&ジョーンズ。
院試に向けてみんなジョーンズで勉強しようね☆って会です。
とはいえ、毎度毎度やろうと思っても自分で全部問題解くには腰が重いジョーンズ君。しかーし、最早腰を据えてやるしかない状況がおのずと作られます。だって、荒井先生のテストはジョーンズの章末しか出さない縛り。そんでもって吉田先生も一部ジョーンズからそのまんま出すって宣言するので、もうやつを隅から隅までやらないといけません。
評価はテストの点数でバッツリ行きますが、これは留年がかかってる3年の必修なので、単位を落とすラインとグレーゾーンがあるみたい。グレーゾーンに引っかかった場合は指定されたジョーンズの問題を解いたレポートを出せばOK。そこらへんは優しい。



ちなみに授業内容としては、荒井先生はまとめはそこそこに、問題集からひっぱってきたちょっと難しめのプリントを解くスタイル。有機系ならこのプリントは毎週解いておくべし。
吉田先生はジョーンズをキレイにまとめた後、章末の問題をちょいちょいやる感じ。




あっそうそう.ここに書くとamazonの回し者みたいだけど、ジョーンズ有機化学 問題の解き方買ってない人は中間
テスト前までに買った方が吉。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。