量子化学Ⅰ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

担当:小西
出席:取らない
テスト:期末のみ(持ち込み可)

90分間ノンストップで板書が進んでいく.
テストは持ち込み可.
周りに聞く限り,秀以外の評価は出ていない・・・?



↓藤川先生の時代の講義について↓
管理人B>講義が復習30分、新しい内容30分、藤川さんの雑談30分で構成される。藤川さんの雑談は「またかよ」と思ってもおおらかな気持ちで聞いてあげましょう。テスト範囲が狭くなります。毎回の小レポートをしっかりやっておけば単位は来る様子。周りの人に聞いてもよいので満点を狙いましょう。

管理人A>物理化学が授業中に理解できるという奇跡。授業内容は難しいように感じるが、授業を聞いて、小レポートをやればそれなりに理解できる。過去問的中率はわりと高い。しかし、だからといって楽ができるというわけではなく、過去問を解くためにノートやテキストで授業内容を総復習することになるので、当たり前ではあるが過去問を解く作業がかなり勉強になる。単位はとれるが、しっかりと(そこまで苦ではなく)勉強できる感じ。教わる側ながら良い過去問。
ちなみに評価はテスト100×2、小レポート150(休講があった場合レポートも含む?)の350点を100点換算。90以上は秀、90未満80以上は優…といったもの。物理化学が苦手なひとも努力次第で秀がとれる。



管理人K>
風邪ひいてて期末受けらんなかった。
追試は2001年度の過去問。



編集者T>
ノートだけ書いててもダメだな。マッカーリサイモン高いけど買うか借りるかするのが無難。
あとは多少の微積の計算さえできれば理解できると思う。
テストは小テストの計算をしっかり頭に入れとけば90点近くイけるよ。


中間
2007

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。