遠坂帝

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:遠坂 時帝                  【属性】:中立・中庸       【残令呪数】:帝
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:人間(遠坂家)                【家系・才能】:0・7       【特性】:吸収/転換
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛


                -=ニニ __ ミ
                     \\
                       ヽ\
                       /〉〉
              /  ヽ   / .//ヽ
           _ニ=ィ     ',iヽ≧=彡へ }
  ',‐-=ニ.___ゞ‐-/         } .!=i    \
   ',      /   /    ィ ,i  i | .ハ  \ミ=-  構っても良いのだぞ?
   ',    /    /  /// / i ! |/ } 、  ヽ
    〉 -=≦    /  ./●//  }/ ●  i |\  ',
  <   / ///i. /   (__人__)    |/  \i
  /   // .'/ ∨            |   | >
 /    /   / .!   {            /イ   iゝ
.//}   > /\| !  iニニニ{三三三}ニニニi i/  }‐-、
  / , }////ハ{!  iム  \    /  i    i、 /
  //i ///////ハ.i  iマム、____\/  -‐/ .   / }
    i/////////|.i  i マム、 ∠____ニ=-//i //∧
   //////////i i/\{  マム、       // |///∧
  .///////////! .i三三三三三三三三三ニニ|////∧
  ////////////ニi    |              |////,∧
  \/////////___/     |             |//////
   \////// ̄ニ=======!_____ニ=--‐ァ彡|////'
     \///   ' ,    /      ' ,   /   }//'
             ' __/         ' ,__/ 
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】
  ◆魔術特性:吸収(種別:魔術 タイプ:自動 ランク:C)
    効果1:蟲を作成が可能
    効果2:『偽臣の書』の作成が可能
    効果3:”束縛””制約”による他者の支配が可能
    (ただし、自身より才能が下の相手、若しくは捕らえた敵に対してのみ)

  ◆魔術特性:転換(種別:魔術 タイプ:自動 ランク:C)
    効果1:宝石魔術が可能
    効果2:決着術式:『朽ちて尚誇る黄金劇場』

  ◆遠坂の家系(種別:特殊 タイプ:自動 ランク:B)
    専用スキル1:『翅刃蟲(宝石)』
        効果1:戦闘補正:+1
        効果2・宝石を消費する代わりに完全撤退or判定差無効
    専用スキル2:『監視蟲(宝石)』
        効果:毎朝に情報判定

  ◆英雄の血筋(種別:特殊 タイプ:自動 ランク:EX)
    祖先:ネロ・クラウディウス
    専用スキル:『皇帝特権』(ランク:EX)
        効果:安価時に最適なスキルを自動選択
    専用スキル:『頭痛持ち』(ランク:B)
        効果:判定失敗で『皇帝特権』の発動を無効

  ◆遠坂うっかりエフェクト(種別:特殊 タイプ:自動 ランク:EX)
    効果:重要な局面のコンマ判定にて90のみ成功

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 シリアス時は多分こっち


                      | l  ||                   ||   |  |
                      | l  ||       ,.rー、ト、       ||   |  |
                      | l  ||     ,. 7 ハ  \\、.     ||   |  |  桜、腹が減った。夕食を用意せよ
                      | l  ||   //  ′ }}  }丶\、    ||   |  |
                      | l  ||  / / 仏v //__} } }\:.`、  ||   |  |  えっ、手伝ってくれないとご飯抜き?
                      | l  || { .:  ㌢^{{ r恣 厶,」  ` ::. ||   |  |
                      | l  ||   |iⅳ^、_ { 「ノ{ _/ \   }} ||   |  |  (´・ω・`)ショボーン
                      | l  ||  _,」N} ⌒`′ 从_」、  `、 小 ||   |  |
                      | l  ||rく::::||圦.,  .,_rーr:ヘ、_}ヽ  く}U}    |  |
                     _| l  リ:::::; ノ; 7} _7:::}}:::::::^ヽrー ミ」-‐.ミ  |  |
               .r≦三弖::7::// ,/リ_j7:://:::::/⌒^   \:::::::.  |  |
                    /{:::::::::::::::::7'゙   /:::|:i:i{{:::{{: ィ} ,. - 、   }:::::|H |  |
               ::::〉:::::::::::_/イ「 {/ __ j_/:::::ー::/ノ,. -‐‐ 、\  {:::::|H |  |
                  }:/:∧::::{{:::八{:r冖¬{{::::::::::::_/合xr    \ 」::::|H |  |
                  ノ:::/::/::/} }::::::::/  / {{:::::::::::/  7;      ]r‐-==ニ 」
            〃::::/:::::::/,」 }:: ::/ /  _,{{::::::::/   /::{ |     |/  \ !
            {{::::/:::::::/ 」 }:::/  ,. イ^{{::::::,′ 7 : { !     |{    }
            /:::/:::::::/  ,」 }7-      {{:::::{  7. : :{ ′     |{   ノ  }
    rー=.:⌒\.rく:::::_/:::::::/   」 }        {{:::::{  { : ::::{/       ⅱ-‐==冖^ 
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
   【来歴】
   遠坂時臣の兄にして、ローマ皇帝『ネロ・クラウディウス』の血を引き
   尚且つ魔術特性が遠坂なのに間桐の『吸収』を持つという、もう劇物に劇物を足して劇物を掛けた存在である
   その化学反応の結果は、さもありなん。劇物に劇物を足して劇物を掛けたとしても劇物しか出てこないのである

   そんな何で遠坂に生まれたんだお前?みたいな貴方であるが、しっかりと遠坂の掟である
   「常に余裕を以って優雅たれ」は常備している。とは言っても、貴方には貴方なりの解釈を持っている
   時臣が持つその矜持を「白鳥は優雅に泳いでいるが、水下では必死に足をばたつかせている」のに対して
   貴方が持つその矜持は「足に小指をぶつけても、泣かずに必死に大笑いしろ」というものである
   結果は【優雅】であるが、前者は誰にも観えないところで、血反吐を吐くほどの努力をすることであり
   後者は、誰かに後ろ指を指されようが、誰よりも華やかに生きることを指している

   そんな一応…遠坂家の一員である彼の魔術は勿論、宝石魔術である
   彼の宝石魔術は、宝石という物質に対して、自身の願望を『強制』するという他者への制約を司る『吸収』が反映される
   その為、「使い魔であっても華やかでないとならない!」という彼の独自の芸術が反映して
   宝石が意思を以って魔術を生成して自律行動を取るというトンデモ魔術になってしまう。
   「モッピー」や「宝石蟲」に「ゲールティラン」はその結果と言えよう

   だが、彼の魔術というか芸術の真骨頂は、やはり自身の血に眠る皇帝特権である
   彼の決着術式はその到達点の一つ。自身が理想とする芸術の極み…それが『朽ちて尚誇る黄金劇場』なのである
   だが、それはあくまで到達点の一つであり、彼が目指すのは真なる黄金劇場。
   それは、彼にとっての魔術と芸術の最奥であり真の到達点になるだろう。
   「爆発するのも良いが、やはり華やかでないとな!」

   と、やっぱりお前遠坂じゃねーよ…と思いになるだろうが、彼が遠坂たる所以はしっかりとある
   それこそまさしく『遠坂うっかりエフェクト』というスキルにおいて他ならない
   どれだけ何を言われようとも、これがある限り、彼は紛うことなき遠坂の一員と言えよう


   【性格】
   良い歳こいたおっちゃんが赤ちゃまになっている。と考えて頂けるのが正解であろう
   我が儘で身勝手、常に上から目線で猪突猛進気味、自信過剰では無く自身満杯
   構ってちゃんも此処まで来ると笑うしかない
   故に、自分が嫌な気分になることは許せない。その障害は例え自身に消えない爪痕を残してでも抗い
   それを排除する。その苛烈さこそが、彼の情熱において他ならないのだろう
   永遠や固定を嫌い、刹那と変化を何よりも好む為、彼がこの時代に生まれたことは不幸とも言える
   しかし、それは他人の判断であり、本人は今生きるこの世界に満足している
   何故なら、この世界には自分の「愛」に応えてくれる家族がいるのだから

   【聖杯への願い】
   なし。聖杯に願わなくとも自分の願いは自分で叶える。そうして財だからこそ、消費して満足できるのである

   【人間関係】

   『ライダー:アストルフォ』
   貴方のサーヴァントにして善き友。
   相性召喚で呼んだため、ストッパー不在ハイテンション主従がここに爆誕した。
   ライダー曰く、「マスターって王よりもオルランドに似てるよー!」だそうだ。
   貴方と一緒にハッちゃけて桜に怒られたり、ランサーの熱い視線に気づかない貴方にヒヤヒヤしたり
   ボケもツッコミもこなせる逸材っぷりをいかんなく発揮した。

   『遠坂桜』
   貴方の養子であり最愛の娘。バーサーカーのマスター。
   間桐に養子に行かなかった為、姓は遠坂、特性『虚数』 、スキルは『影』 『架空元素』となっている。
   大人しめではあるが性格に影もなく、貴方の元で幸福に健やかに育った事が窺い知れる。
   本当の父親でこそないものの、貴方の事は「お父様」と呼び慕っており、貴方も愛娘を溺愛している。
   原作同様、士郎に好意を持っており、毎日料理を教わりに行っているが……

   『遠坂時臣』
   貴方の腹違いの弟。キャスターのマスター。
   第四次聖杯戦争前、桜の養子問題で貴方と令呪を全消費して対峙し、それが決定打で貴方との仲が険悪になった。
   自由すぎる貴方に幼少期から現在に至るまで振り回され続けてきたらしく、過去を思い出し涙する一幕も。不憫。
   優雅問答にて、長年知らなかった貴方の真意を知る。

   『遠坂凛』
   貴方の姪。セイバーのマスター。
   時臣から、貴方とは口をきくなと言われているらしい。
   桜との姉妹仲は良好で、度々遠坂本家で桜と会っている。

   『遠坂葵』
   貴方の義妹。桜を引き取ってくれたことに対して感謝している。
   後の回想にて、中学生時代に貴方のハーレムの一員だった衝撃の過去が発覚した。トッキーェ……

   『言峰綺礼』
   貴方の友人であり今回のラスボス枠であり 貴方の最大の被害者 。ランサーのマスター。
   今回時臣は存命であるが、第五次までの10年に自力で愉悦開眼したらしい、きたないきれい。
   貴方と結託した一方、時臣親子と士郎玲霞ランサー同盟の潰し合いを観戦する愉悦を持ちかけてくる。
   だがぶれない親バカの貴方には通じず、礼拝堂の壁をぶち壊して助けに行かれてしまう。
   この他にも歌の練習に付き合わされそうになったり、壁一面に恐怖の壁画(貴方自作の歌詞)を書かれたり
   時臣に負けず劣らずひどい目に合っている。ははは、このざまあ。

   『ランサー:エリザベート・バートリー』
   綺礼のサーヴァント。貴方の歌のライバルであり、街中で出会う度にジャイアンリサイタル歌合戦をしていた。
   後に黄金劇場の爆発から庇われたことでチョロインと化してしまった。

   『衛宮士郎』
   アサシンのマスター。桜の思い人。
   自宅で玲霞さんといちゃいちゃしていたところ、激おこの貴方にいきなり遠坂バスターを決められてしまう。
   り、理不尽だー!?

   『モッピー』
   貴方が造ったキモ可愛い使い魔。特にこれといって何もできないマスコット。
   燃やされた際には貴方と参加者の多くが嘆きを叫んだ。
   「モッピー知ってるよ、アースセル住民からモッピー大人気だって」


   【名言&迷言】

   「顔を上げよ、桜」

    そこには、いつもの様な甘い父の顔ではない
    迷い駆ける一人の少女へ助言を行わんとする
    遠坂の魔術師としての貴方がそこにいる

   「こういう時こそ優雅たれ、だ!」   

    そう、例え苦しくても、哀しくても気丈に振る舞い、誰よりも華やかに生きる
    それが、自分が信じる”遠坂”の生き方…その家訓である


   士郎が聖杯戦争に参加している事を知って落ち込む桜を励ますときの言葉。
   普段は娘にガン甘であるが、ここぞという時はびしっと導く良き父親である。


   「そなたと俺、どちらがふさわしい歌手なのか、決闘を申し込む!」
   「手合せ願おうか!」

    貴方の売り言葉に買う少女

    「そこまでいうなら、いいわ!受けてあげる」
    「私が勝ったら、奴隷にするからね、ブタ」

   ランサー・エリザベートに歌勝負を申し出る際にて。この騒音テロリサイタル合戦は何度も行われた。


   「娘を助けずして何が親か!」
    そして、そのまま、ドアの横の壁を蹴破った
   「今行くぞ桜ァー!」
    そうして、貴方は脱兎の如く掛けていく
    ドアの横に穴が開いた礼拝堂で、綺礼は一人呟いた
   { 綺礼「修繕費が…何故、壁を蹴破るのか…」


   時臣・凛親子と士郎・玲霞同盟(とランサーエリザ)のと駆けつける桜の様子を教会で見物しないかと持ちかけられた時の返答。
   ブレない貴方は教会の壁を突き破って桜の元へ飛んで行った。綺礼もこれには困惑。
   ちなみにこのシーンは後の雑談スレでAA化している。


   「俺は、わざわざ家族を捨てるくらいなら家も魔術もいらん」

   時臣との優雅問答にて、家族への愛こそが貴方の行動原理であり真意である。


   「俺の可愛い桜を家に連れ込んだのだろう……」
   「俺の可愛い桜に料理を叩きこんだのだろう……ッ」
    貴方の脳裏に浮かぶのは桜と過ごした日々
    桜もいつかは離れてしまう…それは仕方ない…
    でも、それでも桜が幸せなら…とそう思っていた!
    なのに…この男は…!!
   「桜のハートを射止めておいて、どこぞの馬の骨とイチャイチャしておるかー!」
   「そこまでやっておいて、他の女とイチャコラするとは、俺の皇帝特権も我慢の限界だぞー!」
    そう言って、貴方は士郎を持ち上げて筋肉バスターへ移行する
    ―――遠坂バスター!!!

   玲霞さんといちゃいちゃする士郎に対して。桜に手を出した訳でもないのにこの仕打ち、理不尽である。
   モンスターペアレンツここに極まれり。


    幼少時代

    遠坂父「今日から兄弟一緒で暮らす様に」 }
   ショタ帝「うむ!おとうとよ!あにをたよるがいい!」
    ショタ臣「は…はい!あにうえ!」(金髪に翡翠色の眼…?)

   ショタ帝「こうていとっけんだ!」
    ショタ臣「あ、あにうえ!母上の車を運転しては…!」
   (中略)
   帝(中学生)「どうだ時臣!俺のハレムだ!」
    時臣(超学生)「あ…兄上!他校の生徒まで!」(あ…葵まで!)
   (中略)
    遠坂父「遠坂の魔術刻印は時臣に継承する」
   帝「うむ!では俺は家を出る!達者でな!」
    時臣「な…!兄上!お待ちを!」(その手に持っている土地の権利書はなんですか!)

    時臣「………」
    凛「お父様!?どうして泣いておられるのですか!?」

   凛に仲違いの経歴を聞かれた時の時臣の回想。幼少期からフリーダム暴君兄に振り回されていたトッキーマジ不憫。
   時臣(超学生)はお馴染みの誤字であるが、貴方から嫁を取り戻したあたり間違ってはいないのかもしれない。


   「玉座が欲しい」
    桜「え?」
   「俺専用のこう…パアァ!っとしたのが欲しい!」
   「ということで、作ってみることにしたぞ!」

   その後制作判定でまさかの00を叩き出し、固有スキルもかくやのチート玉座(使い魔)が出来たとは誰が思おうか


   ―――我が血に眠る皇帝の血よ
   ―――栄華と退廃を極めたその血に告げよう
   ―――今こそ、この現世に、その特権を…
   「現世において!いざ開け!いざ蘇れ!皇帝の劇場よ!!!」

   VSランサーにて、まさかの決着術式:『朽ちて尚誇る 黄金劇場』 発動である。
   ちなみに魔力切れを起こすと、崩れるのでなく爆発する。どこのコンボイ司令官だ


   「―――で、どうであろう!桜は本当に愛いぞ!とっても愛いぞ!」
    貴方は、ワインを空にして、時臣に饒舌する
    「モッピー知ってるよ、凛はオワコンだって」
    そして、煽る使い魔
   (中略)
    時臣の魔術が、使い魔を焼き払う
    使い魔「ギャーーー!!!」
    モ…モッピー!!!

   キモ可愛い使い魔・モッピー(効果・なし)がトッキーに燃やされた時の貴方魂の叫び
   その愛すべきマスコットの死はスレ住民の多くが悼んだ。なおちきゅうくんには理解不能だったご様子。


   「俺が生まれたのはこの場所、この時代だ」
    貴方は何も後悔していない
    この科学が発達された時代に生まれたことも
    遠坂という魔術師の元に生まれたことも
    不満はあれど、後悔など何一つしていないのだ
    この時代に生まれたからこそ・・
    桜と出会い、ライダーと出会い、
    時臣と出会い、凛と出会い、バーサーカーと出会った
    その幸運は、どんなに煌めく宝石よりも美しい
   「”余”はな、この世界を愛している!!!」
    故に―――
   「我が人生をやり直すなど言語道断!!!」

   黒聖杯を使ってやり直さないかという綺礼の甘言に対して。
   どう見ても人生を謳歌している貴方には愉悦などただの中二病でしかなかった。

   「フフ…誇るが良い、俺がこれ程までに気分を害したのは、貴様が始めただぞ、愉悦」

   お祭り時の愉悦ハイライト観賞時にて。
   愉悦のゲスインっぷりには流石の皇帝も激おこ。


   以下、未記載・追記修正求む

   【備考】
   ・今回の聖杯戦争の参加者は以下の通り

   セイバー:遠坂凛 
   ランサー:言峰綺礼
   アーチャー:六導玲霞
   ライダー:遠坂貴方
   バーサーカー:遠坂桜
   キャスター:遠坂時臣
   アサシン:衛宮士郎


   貴方に養子である遠坂桜、本家から時臣と凛、更に時臣の弟子である綺礼も含めると
   実に5/7が遠坂関係者というまさに聖杯戦争ならぬ 遠坂戦争
   六導さんと士郎が完全なとばっちりである。

   ・関係欄には載っていないがおじさんと謎の人物についても感情判定が行われている。
    おじさんの感情判定は4で【普通】。桜を間桐に養子に行かせなかったことについては感謝しているらしい。
    【友好】をとった謎の人物については最後まで言及が無かったが言動からおそらく宝石翁かと思われる。

   ・今回の舞台は五次であるがzero正史とは異なりトッキーも葵さんも存命である。
    その理由とは、かつて時臣が桜を間桐に養子へ出そうとした際に貴方が猛反発。
    対峙した結果、時臣は決戦の為に令呪三画を”全て消費”して貴方に重傷を負わせた。
    ……という、なんとも大規模な兄弟喧嘩の末に令呪を失い第四次聖杯戦争に参加しなかった為である。

    ガチの殺し合いに発展するのは型月の兄弟喧嘩ではデフォルトであるので仕方がない。

   ・そもそも貴方は桜にバーサーカーを召喚させる気はなかったのだが
    うっかり狂化の詠唱を抜き忘れたメモを桜に教えてしまったためこうなった。安定の遠坂うっかりエフェクトである。
    当の桜も気づかない当たり大概うっかりしている。遠坂に残るとうっかりスキルも残ってしまうのかもしれない。

   ・皇帝の血を色濃く受け継いでいる故か、歌唱力も芸術的センスも赤ちゃま相当である。
    特に歌唱力判定は-補正が付いているにも関わらず自力1を叩き出したほど。

   ・ 同盟により玲霞さん√に突入していた士郎だが、毎日の様に玲霞さんと魔力供給していたらしい。もげろ。

   ・かの有名な「遠坂バスター」の顛末であるが
    士郎からしてみれば

    同盟相手のお姉さんとご飯を食べていたら、いきなり後輩の父親が無断で入って来る
    しかも先日襲撃してきた敵マスターである。
    ↓
    「娘から好かれているのに浮気とは許さん」的な事を言われる
    ちなみに後輩とは付き合ってもいないし手を出した訳でもない
    ↓
    筋肉バスターをかけられる
    ↓
    なぜか同盟相手のお姉さんをデートに誘われる、しかもOKされる
    ↓
    とどめに食卓のご飯を全部食べられる


    ……御覧の通り、何一つ士郎は悪くない。
    要約すると「士郎をボコってお姉さんナンパして飯全部食って帰った」という事である。
    そのジャイアニズムっぷりはモンスターペアレンツを通り越したエンペラーペアレンツ。
    正に理不尽の極み。士郎は泣いていい。

   ・コンマ00で作成した玉座であるが
    【特殊スキル:自身不利判定を得るまで敵マスタースキルを無効化】
    という、なんともチートな代物である。正直下手な固有スキルより強い。

   ・死因No.1(と言うか全部)は外道神父。特に最終決戦では2死に追いやり参加者を冷や冷やさせた。
    だが三度目の正直で何とか勝利、まさに『三度、落陽を迎えても』を地で行く結果となった。

   ・中学時代にハーレム作っていた貴方だが、桜が泣くと困るので外に子供は作っていないご様子。

   ・代理AAはDies iraeの金髪イケメン全能キャラとして有名な『ラインハルト・ハイドリヒ』
    ……の二次創作デフォルメキャラ『けもの殿』である。
    ちきゅうくん曰く「こっち(通常版)だとイケメンすぎてっぽくないじゃないですか」とのこと。

   ・遠坂帝の生い立ちとは
    彼の父は後年は厳格な人間だったらしいが、若い頃はどうにも火遊びが過ぎたらしく、
    修行のために赴いたローマで一晩を過ちを犯した結果、このような劇物が爆誕した
    母親の教育の賜物と、母親が本当に英雄の血筋を持っていたこと、母親が優れた魔術師の胎盤であったこと、
    そして、遠坂と言う宝石に囚われた家系の血により、見事に自身の血に眠る皇帝の因子が強く呼び起こされた
    元は母元のローマで育っていたが、母親に「父上に会ってくる!」と伝えて単身日本へと向かう
    (因みに母はしっかりご存命。エピローグでローマ旅行に赴いた際の宿泊先が母の邸宅である)
    そうして、すっかり火遊びも落ちつき時臣に厳格とまで言わしめるほどの父親に遭遇
    父親の度肝を抜かし、ご落胤というとんでもない爆弾が降ってわいた(誠に自業自得である
    どうやって、単身で日本に向かって父親を見つけ出したのかというと…そこは「皇帝特権だ!」とのこと



┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。