※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FXはオンラインでの取引が基本となりますので、オンラインリスクは絶対について回るリスクの一つです。オンラインリスクとはインターネット回線が不通となる場合や、FX業者の取引システムがサーバーの負荷などによりダウンした場合などの取引機会損失のことです。またお使いのパソコンの不具合により取引が出来なくなることもオンラインリスクと言えるでしょう。FX業者はこのような事態が起こらないように膨大な費用を投入していますが、どうしても防げない事もありますので、頭の中に入れて置く必要があります。

自己防衛対策としては、ポジションを持った場合は損切り注文と利食い注文をこまめに入れる癖を付けておくことや、お使いのパソコンにはセキュリティソフトをインストールする事です。インターネット回線やFX業者のサーバーの問題はこちらではどうする事もできませんが、外為どっとコムのようにシステムの安定性に定評があるFX業者を使うことでリスクの軽減にはなります。