※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FXでは上昇局面じゃなくても下落局面でも利益を出すことが出来ます。
私も初めはそうでしたが、値下がりでも利益を出せるという事に
疑問を感じる方は、かなり多いです。
投資には興味が無い方は、軽く「アハ体験」を感じるかも知れません。

値上がりで利益が出るのは簡単ですよね。
100円で買い、105円で決済すれば5円の利益です。
FXでは普通1万通貨単位で取引をするので5万円の利益になります。

値下がりで利益を出すというのは、買う場合の正反対です。

100円で売り、95円で買い戻せば、同じく5円分の利益です。
例えば、100万円の時計があったとして、誰かに100万円で売ります。
でもどこかの店で同じ時計が95万円で売っていれば、
再び買うことで、同じ時計を持ちながら、5万円の利益が出ています。

この場合だと実際にある"モノ"ですから理解しやすいと思いますが、
FXでは時計に当たるものが存在しません。
では実際に無いものをどうやって売るのか?

それはFX業者が証拠金と言う担保によって貸してくれます。
担保と言うと御幣があるかもしれませんが、考え方は似ています。
担保(証拠金)の範囲内の損失までしか出ない仕組みになっていますからね。
※相場の急変時などは証拠金の範囲を超えて損失が出る可能性があります。

売りから入ったことのない人は、
クロス円の売りはスワップ金利を支払わなければいけないから、
と躊躇してしまうかもしれません。
その場合は、DMM FXのように
スワップ金利が低くて、売りと買いが同額のFX業者を選ぶと良いです。
売りトレードの場合、スワップ収益ではなく為替差益を狙うので、
こういったスワップ金利の低いFX業者にメリットがありますね。

と言う訳で、ドルが弱い弱いと言われ、下落するような場面では、
今まで売りはよくわからないから買いしかやったことがないという方も、
思い切って売りから入ってみるのも如何でしょうか?

上昇よりも下落の方が動くスピードが速いので、
思わぬ速さで大勝ちってこともありますよ!