トップページ

雑談所
wiki掲示板
編集要望

■全般
ゲーム概要
購入前に
プレイ上でのマナー
入門講座


■キャンペーン
ストーリー
武器一覧
ベテラン攻略

■ホスタイル
ホスタイルルール

■マルチプレイ対戦
マルチプレイFAQ
ゲームモード一覧
Perk一覧
キルストリーク一覧
マップ一覧
プレステージ
おすすめカスタム


■その他
バグ一覧
トロフィー


アクセス
今日 -
昨日 -
総数 -

更新履歴

取得中です。

マップ一覧

各マップに関して独断と偏見でまとめてあります。

 

××××××××××SHATTERD シャッタード××××××××××

Contras vs Black Ops

〆概要

北部、中央部、南部と戦場が分割されているマップ。シャッタードとは言うがアーケード街のようにシャッターで閉鎖された場所がたくさんあるわけではなく、家屋や商店の中に入って戦ったり隠れながら進撃するマップではない。

スタート地点は北部と南部。開幕凸は中央部での接敵地点の構造を考えると南部スタートがかなり有利だが北部にキャンプされた場合は(まずないパターンだが)南部からの攻めはかなり不利。

 

※北部※

屋根付きの建物に囲まれた狭い広場があり、階段と通路(この形┏┛)によって中央部との行き来が可能。少し見通しが悪く、遮蔽物(建物の壁など)が多いのでグレポンやロケランぶっぱの効果が薄い。

通路側は入っていくにしても出ていくにしてもクリアリングに一手間必要なためにどちらもかなりのリスクがある。

階段側に関しては幅の関係でベティの誤爆率が異様に高く、待ち伏せもしづらい(0ではないが人通りも激しい上にバレたときの対処がされやすい)ため出ていく分には割とローリスク。が、入っていく場合はグレポンやベティの投げ込み、階段下での待ち伏せへの対処(北部へ入る場合は階段の先が見えない)とかなり面倒。

建物の屋根の面積も広く、ドロップゾーン以外では迫撃砲の効果が薄かったりと、実は陣取る場合には南部よりも遥かに堅牢。

 

※中央部※

東西に長い広場で構成されており、壊れた屋台(?)と中央に車の障害物、そこから乗れる屋根などがある。

見通しがかなり良く、階段の上に陣取れれば全体の制圧に効果的(ただしランチャーやクロスボウで狙われたり挟み撃ちを食らったりとリスキー)。グレポンやSR、威力減衰の無いLMGなどがかなり高い威力を発揮するため、武装によってはあまり長い時間滞在すべきではない。

南北への橋渡し的な位置であり、基本的には敵チームとのファーストコンタクトはこの場所の東側出入口になる。

南部へ行く場合は東側からがスムーズだが中継の建物内には背後から待ち伏せを食らう位置があるため、少し注意が必要。また、西側は南部の袋小路や長く狭い通路などに繋がっているため、待ち伏せされていると東側よりも厄介なことを覚えておくべし。

ドロップゾーンでは車の辺りにポイントが設置されるが死ぬほど守りづらいので大人しく遊撃に徹した方がいい。

 

※南部※

東側に大きな木のコンテナ、西側に袋小路、中央部寄りの場所に細長い通路とコの字区画+見下ろし芋ポイントがある、横長の広場。

こちらも中央部には劣るものの見通しが良く、また敵チームと混戦になっても横に逸れて身を隠したりサイドアタックを仕掛けたりと双方とも様々な戦法を用いることが出来るため主戦場となる。

またコの字区画からは侵入不可区域に入れるためこのマップのグリッチを使って芋る輩も多い。

ただ、筆者の偏見であるが前述のようにこちらよりも北部の方がグレポンの壁越えや迫撃砲ハインドの効果が薄いこと、侵入がリスキーなこと、単騎掛けしづらいこと、そしてグリッチを使う敵からの攻撃が完全に無効化できること(理論上は南部のグリッチポイントから北部まで来れるらしいが見たことがない)などから点差が有利ならば南部よりも北部の方に陣取った方がいいと考える。

 

◎ドロップゾーン◎

北部の広場に2箇所、中央部の車の辺りに1箇所、南部の東側コンテナと西側コの字区画にそれぞれ1箇所配置される。

 

1一対多での立ち回り4

基本は北部にいるか中央部と南部の中継地点となっている建物を中心に行動していくのがベスト。中央部と南部は挟み撃ちor集中砲火に晒される危険性が非常に高いため長居すべきではない。

北部は階段横や通路に隣接した壁、広場のガレキ置き場と、クリアリングに気を割かざるを得ない場所が点在しているため不意を打ちやすい。

当然のことだが腕に自信のある人は縦横無尽に駆け回りながら自分の経験則を混ぜて積極的にキルを取っていくスタイルがベスト。

 

#メイングリッチ#

南部のコの字区画から建物の屋根やベランダに移ることが可能。

マップ南端の燃えている家屋は注意深く観察しないと居場所がまず分からないため、そこに芋られているようなら建物上部に向けてチャイナレイクをぶちこむと倒しやすい。またグリッチへの事前対策として西側の建物の上にベティを投げておくのも良い。あまりに対処しづらいならそもそも南部には足を踏み入れないほうが良い。

 

××××××××××NUKE HOUSE ニュークハウス××××××××××

Black Ops vs Spetsnaz

〆概要

BOのニュークタウンを半分にしたような広さのマップ。真ん中に二階建ての大きな家(マップに対して相対的に大きいだけで絶対的には小さい)があり、そこを境に東西に分かれている。

スタート地点は北西の屋根の下と南東の植え込み。開幕凸は基本的に五分五分。どちらも迎撃が強いが南部通路からの長距離ランチャー攻撃をするための位置取りと西部制圧に関わる二階への最短経路を考えるとやや西側スタートが有利か。

 

※西部※

車とトレーラーがあり、北側に身を隠せる小さな仕切りがある。トレーラーの中には(狭いながらも)簡単に出入り出来る。構造上、敵を視認できるようになるのが遅く、家の二階からは狙撃されたりコンカッションやベティなどを任意の場所にバラまかれやすい。反面、逆サイドの東側には南側の通路に入らずにランチャーやコンカッションを投げ込めたりトレーラーに陣取って東側から来る敵を狙撃出来たりする。

近距離武器の場合は南から北、北から南への縦断はなるべく控え、家と納屋の入り口と直近の通路を出入りするように動いた方が死亡率が低くなる。

 

※家※

納屋と2階、居間とキッチンのある家。狭さと家具などが相まってかなり狭い。

西側からは納屋と居間、東側からはキッチンと納屋に入ることが可能。またキッチンと居間は繋がっているので家を通り抜けて西と東の行き来も出来る。居間のソファの裏にはほとんど気づかれることのない芋ポイントがあるのでハインドに狙われているときなどにはここに伏せていると通常よりも長くハインドをスルー出来る(一度バレると少なくとも見つけたユーザーがいる間は使えなくなるが)。

階段が外と中に備え付けられているが両方とも角度が急な上に踊り場からは容易に狙えるため、昇りは圧倒的に不利な立場に置かれる。二階は上手く立て籠れれば強力な籠城ポイントになるので使わない場合でもなるべく定期的に書斎にグレネードを投げ込んだりして敵に忌避感を持たせておきたい。また寝室は西側にいる敵プレイヤーに対しての強力な制圧ポイントとなり、ベティのばらまきや狙撃、ランチャーぶっぱなど数多くの脅威を与えられる。またひさしに乗って戦うことも出来る(ただし伏せないと南側や玄関口から撃たれて死ぬ、しかし伏せると狙いが付けづらいと非常に痒い)。

反面、西側からのランチャー撃ち込みやベティの投げ込み、果てはクロスボウ一発でもキルが取られてしまうほどに遮蔽物がなく退路に乏しい。特に東側からは全く見えない位置からグレポンやランチャーを撃ち込まれて確殺されるのでくれぐれも長くいすぎないようにする必要がある。

 

※東側※

中央にレンガのオブジェと階段、北側に倉庫?、南側に植え込みがあり東端には仕切られた小区画がある。

西寄りの北側には西側と行き来する際に身を隠せる家の出っ張りがある(仕切りではない)。西側方面への移動時に集中砲火を食らった場合の緊急回避に使ったり敵のラッシュをやり過ごしたりとお世話になることが多いので覚えておくとキルレ向上に一役買ってくれる。南側通路内に設営されている小さな植え込みも北側の出っ張りには劣るが同じように緊急回避に使える。撃ち合いの最中に弾が無くなり更に敵の増援が来たときなどはコンカッションを投げつつ植え込みに屈むなどすると上手く行けば助かることも。南通路は西から、北通路は東からのランチャー系のぶっぱなしが強力なので双方とも位置によってはしっかりと注意しておかないと一網打尽にされる可能性がある。ただし南側は西から東に凸する場合は逆に弾雨に晒されることになるので射程の短い武器と脚力には注意。

東端の小区画は身を隠したり狙撃や西から来る敵を迎撃する弾幕を張ったりするなど多様な目的に用いることが出来る。ただし逆サイドへの視野が狭くなるのでそちらへの注意を怠るとベティを投げ込まれたりそのまま横から侵入されて撃たれたりあっさりやられてしまったりする。陣取る際には逆サイドの入り口にベティを置くなどの対策が欲しい。また、家の二階から狙われるとかなり不利なので状況によっては即時退避の判断も必要。なおRPGとSTRELAを背負っていると先っぽが仕切りの裏から見えてしまうので居場所がバレバレになってしまう。

基本的にはレンガのオブジェの辺りか倉庫?の裏側辺りをベースに戦うのがベター。南側のマネキンが立っている植え込みは銃弾が貫通する(っぽい?)ので危険。

 

◎ドロップゾーン◎

東側の南と北、西側の南と北に計4箇所………なのだが、どちらも大して場所に違いがない(ダッシュジャンプ一回ほどの距離)。あまりドロップゾーンには向かない。

 

1一対多での立ち回り4

基本的には東側のレンガオブジェの辺りや仕切りの裏などをメインに動いていくと良さげ。西側は広いせいで複数で来られた際に一人も倒せず、かつ逃げる間もなくやられる可能性が高い。

ただ、ある程度のところで二階に逃げ込んで寝室で迎撃したりと外だけでなく家も使っていかないと直線的な動きばかりになって狙われやすくなってしまうのが難点。

決定的な主戦場が無いため敵プレイヤーも固まらず、挟み撃ちも食らいやすい。複数を相手に戦うには少しキツいマップ。

当然のことだが腕に自信がある場合は(以下略。

 

#メイングリッチ#

東部のレンガオブジェを使って柵の向こうに行ける。ここのグリッチは使われると他のマップのグリッチよりも遥かに厄介で、こちらの攻撃が壁に阻まれ向こうが一方的に攻撃できる・救援物資やセントリーガンを安全確実に取得出来る・こちらが認識できない距離から狙撃が出来る…と、そのままにしておくとどんどん点差を開けられてしまう。ベティをマップ外に投げる、二階からランチャー、西側にいたら問答無用で撃ち殺す、ハインドを呼ぶ……など早急な対処が必要。

 

××××××××××CONTAINER コンテナ××××××××××

Spetsnaz vs Contras

〆概要

名前通りにコンテナが点在するマップ。BODでは唯一の完全四角形である。コンテナの中に入ることは出来るが中は狭く、攻撃拠点にするには難しい。一応中央区画と北西部・北東部・南西部・南東部に区分けがある。

スタート地点は南西と北東の角。どちらもほとんど構成が変わらないため五分。有利か不利を必ず付けなければならないと言うならば遮蔽物が多くかつ入り組んでいてランチャー系の威力を軽減出来る分待ちの場合は南西スタートが有利(そもそも待ちの選択肢が無いが)。

 

※北西部※

足のない百葉箱のようなオブジェと木のパレットが置かれている。北部にあるコンテナは入り口が北西部に向いているため入ることが出来、 西部にあるコンテナの横にある隙間に隠れることも可能。

遮蔽物が多く、北東部に対しては有利だがここで混戦になった場合は互いに相手の位置を認識することが難しく、どこから撃たれているのかすら分からなくなることも多々。

 

※北東部※

燃えている車と木のパレット、ドラム缶がある。東部にあるコンテナの横にある隙間に隠れることも可能。北西部の隙間に比べて見通しが良い分混戦への対処がしやすいが何かと目につきやすい箇所なので凸してきた相手に狙われやすい。

百葉箱チックな遮蔽物でなく木のパレットが主なカバーポイントになるので北西部よりかは視界が広いがランチャーなど爆発物に対して弱い。

 

※南西部※

百葉箱チックな遮蔽物とドラム缶がある。他と比べて視界も広く、斜め一直線に遮蔽物がある影響で陣形も作りやすい。

反面、「見えなければ裏にいる」という見当を付けられやすく、南東からの凸に不利になることも。

 

※南東部※

焼け残った車と申し訳程度のドラム缶しかない。あとは南部にあるコンテナの入り口がこちらにあるため中に入れる。

一見するとろくな遮蔽物が無い上に開いたコンテナの位置も通路寄り、爆発物に対しても弱いと最悪のポイントに見える……のだが、このマップで唯一セントリーガンを効果的に使うことの出来る場所だったりする。

他のポイントでは遮蔽物が邪魔になり、設置に際しては何かしらのデメリットを負わなければならないがここでは角近辺に設置することでそれをほとんど無視することが出来る。あとは東部のコンテナとコンテナの隙間に隠れ、ジャマーを付けた敵を背後や横から撃破すれば良い。

……しかしながら、貧弱なポイントであることには変わり無いので戦況が悪くなったら早々に離脱すべし。

 

※中央部※

コンテナによって十字路の形成された区画。北側と南側は出先の通路が広く、東側と西側は出先の通路が狭い。北西に位置するコンテナは中に入ることが出来、意外に奥の方に伏せていると見つかりづらい。ただしベティを投げ込まれると為す術なく死ぬのであまり良い場所とは言えない。

会敵することも多いが直線かつ狭いため、真っ直ぐ進んでばかりだと背後から狙われた時にすぐやられてしまう。なるべくどちらかに折れる方がいい。

 

◎ドロップゾーン◎

各区画に1つずつと中央部のど真ん中に1つ。

ど真ん中に設定されたときは敵を倒すことに専念した方がいいが、もしも少しでもポイントが取りたいならコンテナの中に入っておくとよし。

 

1一対多での立ち回り4

外周を大きく直線的に走るのは自殺行為なので、とにかく長距離射撃をさせないようにすること。

それこそ「2秒走ったら真横に曲がって通路に入るか隙間に隠れる」くらいの気概で臨むべき。

なるべく敵の接近を把握できるように外壁とコンテナで作られた角に居座ったりコンテナの中に伏せたりと敵の索敵を掻い潜りつつ敵を視認することが大切。M60やL96などで無い限りは、長距離で会敵した場合(ナイフが当たる距離まで近付くのに2秒以上掛かるくらいの距離)はすぐに銃撃の当たらないところに逃げ込んで体勢を立て直すこと。

 

#メイングリッチ#

南西のドラム缶から外壁を越えられる。その他にも北東の炎上車からコンテナの上に行けるが、1000時間プレイしてもここで戦闘中にグリッチで外に出たりコンテナの上に乗って戦うユーザーを見たことがないのでそこまで考えなくてもいいと思われる。

 

××××××××××RANGE レンジ××××××××××

Contras vs Spetsnaz

 

 

 

 

××××××××××INTEL インテル××××××××××

Spetsnaz vs Black Ops

 

 

 

××××××××××ROCKET ロケット××××××××××

Spetsnaz vs Black Ops

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|