※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プログラムの作り方

みなさん初めまして。
これからこのサイトでは、C言語の使い方について説明していきます。
この章では、まずプログラムを書くための準備をします。

まず最初に

プログラムを書くには「 Visual Studio 」というソフトを使います。
ここから「 Visual Studio 2017 Community 」をダウンロードしてください。
そしたらインストーラがダウンロードされるのでそれを実行してください。
実行したら下のウィンドウが表示されます。
続行 」を押してください。
すると下のウィンドウが表示されます。
ワークロードの「 C++によるデスクトップ開発 」と「 C++によるゲーム開発 」にチェックをいれ、
右下の「 インストール 」を押してください。
するとインストールが開始されます。
.
インストールが完了したら、再起動してください。

Visual Studioのサインイン

Visual Studioを起動すると、サインインを求められます。
大学のメールアドレスが使えるのでそれでサインインします。
メールアドレスは 学籍番号 + 「@edu.tuis.ac.jp」 です。
パスワードは学校で使っているものを入力してください。
サインインしたら、下のウィンドウが表示されます。
「Visual Studio の開始(S)」 を押してください。
配色テーマはどれでもいいです。

プロジェクトの作成

起動したら、早速Visual Studioを使います。
まずは「 新しいプロジェクト 」をクリックしてください。
すると下のようなウィンドウが表示されます。
「Visual C++ ▶Win32」の「 Win32 コンソールアプリケーション 」を選択して、名前をつけてから右下の「 OK 」をクリックしてください。
OKをおしたら下のウィンドウが表示されます。
この画面では何もせずに「 次へ 」を押してください。
次の画面では「 空のプロジェクト 」にチェックをつけてから、右下の「 完了 」を押してください。
この画面になったら成功です。

ソースファイルの追加

次に、プログラムを書くファイルを用意します
上の項目の「プロジェクト」の「新しい項目の追加」をクリックしてください。
そしたら下のようなウィンドウが表示されます。
「Visual C++」の「C++ファイル(.cpp)」を選択して名前を「main」にして「追加」をクリックしてください。
この画面になれば成功です。
次回から実際にプログラムを書いていきます